厚生年金保険の加入時にも住民票コードの特定が必要に(平成28年9月より)

厚生年金保険に加入する際の「被保険者資格取得届」に基礎年金番号を記入している従業員に対しても、住民票コードを特定し、本人確認を行うことになりました。基礎年金番号と住民票コードの「結び付け」を一層促進するための取り組みとのこと。
 
 
厚生年金保険の加入時にも住民票コードの特定が必要に(平成28年9月より)
 
 

厚生年金保険の資格取得時の本人確認事務が変更となります。 | 日本年金機構