応募が増える求人掲載のコツとは?

応募が増える求人掲載のコツとは?

求人掲載をしてもなかなか応募が増えない、ということで悩んでいる企業様は多いです。そんなときに役立つ、応募が増えるポイントとコツを紹介します。大切なのは「ターゲットを明らかにすること」「応募者自身が働いている姿を想像できること」です。

時間がないときや求人掲載文がうまく書けないときは、プロにおまかせするのもおすすめです。

ターゲットを明らかにする

求人掲載するときに、単に募集するだけではなかなか希望の人材は集まりません。では求人掲載にはどのようなコツがあるのでしょうか。

どんな人に働いてほしいのかを明確にする

求人掲載するときに漠然と「人材募集!」と書かれていたら、求職者も応募するか悩んでしまうでしょう。まずはどんな人に働いてほしいか、どのような人材を集めたいかを明確にする必要があります。

例えばどのようなスキルや経験が必要なのか、年齢や性別はどのような人を想定しているのか。まずは書き出してみましょう。

実際に求人掲載に載せる内容ではなく、まずはどんな人かを明確にすることで、募集するときはもちろん、採用するときも選考基準のブレが少なくなります。

ターゲットの属性に合わせてアピールポイントを掲載

ターゲットが明らかになったら、どのようにアピールすれば効果的か考えてみましょう。
例えば飲食業でランチタイムに働ける人材が必要なとき、朝や夜の時間帯ではなく、お昼だけ働ける人を募集します。

その場合、ターゲットが主婦であれば、「スキマ時間に働ける」などのアピールをすると「私でも働けるかも」と思ってもらえます。

スキルが必要であればそれもアピールポイントになります。「接客経験がある人優遇」など、欲しい人材のイメージを伝えるのはもちろん、応募者の気持ちを動かすアピールポイントを考えるのがコツです。

大学生向け、フリーター向け、など

どんな人に働いてほしいのか、ターゲットを決めたら、具体的にどのような人が当てはまるのか考えるのがコツです。

例えば、夕方以降や土日に人材が必要であれば授業が終わった大学生、シフトの調整がしやすい仕事はフリーターといったように考えてみましょう。
仕事をしたい方の中には、未経験でもスキルを付けたいという方もいます。「未経験でもOK」「スキルを付けたい人歓迎」といったことでターゲットを絞ることもできます。

他社との差別化を図る

現在、求人掲載してもなかなか人材が集まらないという問題があります。
求人数は増えていますが、それに対して求職者数は少ないという売り手市場で、どの企業もさまざまな方法で求職者にアプローチしています。
積極的にPRするのはもちろんですが、他社との差別化も考えなければなりません。

差別化を図るポイント

求人掲載で他社との差別化を図るためのポイントは以下の5点です。

・ターゲットの明確化
・勤務地
・時給
・仕事内容
・勤務時間

先ほど紹介したターゲットの明確化はもちろんですが、勤務地、時給、仕事内容、勤務時間も重要になります。

例えば「時給が高くて仕事内容が簡単」などの好条件であれば、他社との差別化はしやすく、応募が殺到する可能性があります。同じ地域・同じ仕事内容でA社は時給800円、B社は1,500円であればB社は明らかな差別化ができ、応募も集中するでしょう。
しかしこのような差別化はなかなかできないのが現状です。

上記の5つで難しい場合は、その他の点でアピールできるようにする

ターゲットの明確化、勤務地、時給、仕事内容、勤務時間で差別化が難しい場合はどのようにしたらいいでしょう。そんなときの求人掲載にもコツがあります。

ターゲット、勤務地、時給、仕事内容、勤務時間がほとんど同じ条件の2社でも「おっ」と思わせるには、そのポイント以外に差別化できることを探し、しっかりとアピールするということです。

企業の採用担当者だけで考える以外にも、社員やアルバイトなどに「なぜ自分の会社を選んだか」を聞いてみるとヒントがあるかもしれません。
意外なアピールポイントが見つかる可能性があるので、一度聞いてみるといいでしょう。

どんな人が勤務しているかを書く

他社との違いを考えていく中で「いいアピールポイントが思い浮かばない」ということもあるでしょう。
そんなときは「どんな人が勤務しているのか書く」というのも求人掲載するときのコツです。

勤務している人を伝えるのもアピールになる

もしもいいアピール方法が思い浮かばなかったときは、どんな人が勤務しているか書くのもおすすめです。

仕事を探している人の中には、「職場の雰囲気を知りたい」「厳しい職場は嫌だ」「バイト仲間を作りたい」と思っている場合もあります。
どのような人が働いているかわかるだけでも応募しやすくなります。

職場の雰囲気を伝える

働いている人の情報だけでなく、職場の雰囲気が「明るい」「ムードがある」などを伝えるのもおすすめの方法です。

新しい建物で仕事ができる、かわいい制服がある、食堂やまかないがついているといった具体的な情報があると求職者が「いいな」と思う可能性が増えます。
もちろん人と職場の雰囲気が両方わかると、さらにいいでしょう。

求職者が自分の働く姿を想像できるようにする

求人掲載には、勤務している人や職場の雰囲気がわかるというのが、大きなアピールポイントということがわかりました。

求職者が自分の働いている姿を想像できるように、しっかりと職場の雰囲気を紹介することが応募者を集めるためのコツです。

「こんな紹介すれば、応募者が働く姿をイメージできるかな」と、応募者の気持ちに立って内容を考えてみましょう。

掲載文を書くのが難しいときはプロに頼む

求人掲載で他社との差別化が必要とわかったけれど、時間がない、掲載文がうまく書けないという企業様もいるでしょう。そんなときは掲載文をプロに頼むのもおすすめです。

ミナキャリなら求人掲載時の原稿作成代行も行っている

求人サイトのミナキャリは、求人掲載時の原稿作成代行も行っています。文章を作成する時間がない企業様だけでなく、効果的に人材を集めたいという企業様にもおすすめです。
もちろん他社との違いがわからない、アピールポイントが見つからない場合もお気軽にご相談ください。

ミナキャリでは時間をかけ、しっかりとヒアリングし、お客様のご希望の人材が集まるような求人掲載ができるように、フォローもさせていただきます。
的確に求人募集することでターゲットのズレがなくなり、思ったとおりの応募者が集まるようになります。

的確なアドバイス、採用コストの削減

ミナキャリでは採用に困っている企業様へのヒアリングを積極的に実施しています。求人掲載の原稿作成に活用するだけでなく、困りごとの明確化などを行い、採用コスト削減のサポートも行います。

ほかにも企業様の求人条件に合った求職者へ情報メールやスカウトメールの送信、面接代行サービスを行った上での人材の紹介、そのほか就業までのサポート体制がしっかりしていることがミナキャリの強みです。

採用にかかるコストや時間の負担を軽減したいときは、ぜひお電話やお申込み画面からご連絡ください。

まとめ

求人掲載にはポイントとコツがあり、応募者を増やすために他社との差別化が必要ということがわかりました。また求職者が働いている姿をイメージできるような求人掲載もコツといえます。

しかしどのようなアピールをすればいいのか、悩んでしまう企業様も多いです。
そんなときはプロにまかせるのがおすすめです。時間とコストの節約だけでなく、集めたい人材がより明確になり、求人掲載でのアピールもしっかりできるようになります。


ミナキャリ