求人の広告ってどんな種類があるの?

求人の広告ってどんな種類があるの?

求人広告を出す際、どのような媒体に掲載するのかは重要なポイントとなります。媒体ごとに異なる特徴を押さえ、より効果的なPRを行いましょう。

今回は、求人広告にはどのような種類があるのか、それぞれのメリット・デメリットと合わせて解説していきます。

求人の広告ならインターネット?その種類とは

求人広告は紙媒体でも可能ですが、現在ではインターネットに求人掲載を行うのが主流となってきています。簡単な短期アルバイトから新卒の就職、転職、海外勤務など、職種やスキル、収入を問わず、インターネットにはあらゆる求人広告が掲載されているのです。

有効利用しない手はないインターネットによる求人広告にはどのようなものがあるのか、おおよその広告費用も併せてみていきましょう。

WEBでの掲載型広告

インターネットを利用した広告には、メール配信やSNS広告など、色々な種類がありますが、効果を得やすいのはWEBでの掲載型広告です。

求人広告に特化したサイトを利用することで、思っていたよりも高い効果を得られることもあります。

求人広告を掲載するサイトには、新卒だけ、転職者だけ、限られた業種だけというように、ジャンルが絞られているものもあり、利用方法によっては効率よく採用者を見つけることができるでしょう。

どのような求人広告サイトを利用するとより効果的なのか、掲載を依頼する前に、様々なサイトの特色をよく調べておきましょう。

WEB求人のメリット・デメリット

WEB求人のメリットは、届けたい層に確実に情報を届けられるという点にあります。年代、地域、業種、経験、正社員かアルバイトか、さらに細かな業種ごとにも求人サイトがあるため、会社が欲しい人材と応募する人材のミスマッチを防ぐことができます。また、求人広告を出すことで、お店自体の宣伝になることもあるでしょう。

デメリットとしては、メディアにパワーがないとなかなか応募されないこと、サイトに訪れた人にしか広告を見てもらえないということが挙げられます。

WEB広告に載せる際の費用

WEB広告に載せる際の費用は、サイトによって異なります。価格が高いものは、会社によってしっかりと原稿が作りこまれていたり、広告効果が高かったりします。価格が安ければ、原稿の制作は自分で行わなければいけないこともあります。

WEB広告の費用例

企業名(仮)  料金 期間 特徴
Aサイト 1~2万円 2~4週間 求人情報の登録や編集は自分で行う
Bサイト 約2万円 1週間 同時に他サービスにも掲載される
Cサイト 2~20万円 1週間 価格によって広告の露出が変わる
Dサイト 3万円~ 1週間 契約当日から掲載可能

紙媒体の求人広告の種類!たくさんあるけどなにがいいの?

次に紙媒体の求人広告の種類を見ていきましょう。紙媒体での求人広告といえば、新聞に掲載されている求人を思い浮かべる人も多いでしょう。しかしそれ以外にも、求人広告を出す方法はあります。

フリーペーパー(求人情報雑誌)

求人情報専門のフリーペーパーに掲載するという方法もあります。数多くのフリーペーパーが発行されている地域もあるでしょう。フリーペーパーへの掲載料は、広告の大きさによって異なり、2~40万円と幅広く設定されています。

掲載料は地方ほど高い傾向にあります。地元のコンビニなどにおいてもらえるため、年代を問わず多くの人の目につきやすい媒体です。

折り込みチラシ

より多くの人に求人を見てもらいたいのであれば、新聞の折り込みチラシにしてしまうこともできます。これであれば、年齢や性別に関係なく、エリア全体に求人広告を見てもらうことができるでしょう。

価格は発行部数によって異なり、おおよそ10~100万円の幅があります。新聞社を何社も利用する場合には、それぞれに費用が発生するため、広告費は莫大になってしまうでしょう。

紙求人のメリット・デメリット

紙媒体による求人にも、メリットデメリットがそれぞれあります。考えられるメリットとしては、地域の人にきちんと広告を見てもらえることが挙げられるでしょう。

ネット広告では、対象者が全国となるため、小さな企業や地元密着型の企業にとっては届かせたいところへ広告が届きにくいのですが、紙媒体であればしっかりと地元の人に届きます。

また、新聞の折り込みチラシを利用することで、転職を考えていても一歩踏み出せなかった方や、全く違う職種でもその仕事に興味を持つ方に対しても働きかけができるようになります。

しかし紙媒体による広告のデメリットもいくつかあります。広告サイトの隆盛によりフリーペーパーの人気が落ち込んでいること、継続的な広告効果が得られないこと、新聞をとる人が減ってしまってチラシを見る人自体が少ないことなどです。

高い効果を見込んで紙媒体による広告を利用しても、思ったよりも効果が得られないかもしれない、ということを覚えておきましょう。

やっぱり種類は紙媒体よりWEB広告?求職者とのマッチングを目指そう

このようにWEB広告と紙媒体、それぞれに長所と短所はあります。しかしこれから求人広告を掲載するのであれば、紙媒体よりもWEB広告を利用したほうがいいでしょう。

紙媒体なら情報が一方的

これほどまでにWEBでの求人広告が広まっているのには、理由があります。それは単に、求職者がネットで求人情報を検索しているからというだけではなく、紙媒体よりも豊富な情報をWEBで公開できるからです。

さらに紙媒体では情報が一方的になりやすく、求人広告を掲載する側の意見のみが優先されがちです。もちろん全てではないものの、広告を依頼する側がどのような広告にするかを決めるため、それは当たり前といえば当たり前なのです。

求人側の意見が集中する求人広告では、求職者も興味がある程度では問い合わせづらくなり、応募者も限られていってしまうことがあります。

WEBであれば登録をしてもらい、双方のコミュニケーションが密にとれる

ところがWEB広告であれば、サイトに登録してもらい、気になる求人があれば求職者が気軽に問い合わせを行うことができます。電話での問い合わせはハードルが高いと感じる人でも、求人サイトのメール問い合わせは気軽と感じるでしょう。

求人側と直接コンタクトを取らず、求人広告サイトが間に入る「ミナキャリ」であれば、求職者はさらに問い合わせしやすくなります。

このようにして双方がコミュニケーションを取りつつ応募・採用できるのは、WEB広告ならではといえるでしょう。

ヒアリングを徹底的に行うミナキャリだからこそ求職者とのブレがない

WEB広告を掲載するにあたり、ミナキャリでは徹底的にヒアリングを行います。WEBでも紙でも、「こちらが言っていたものと違う」という広告が完成したという経験のある企業は多いでしょう。

「こちらが欲しい人材が集まりそうにない」求人広告ができてしまうのは、ヒアリングが足りないままに広告を作成・掲載しているからです。求める人材に応募してもらうためには、企業側の求める人材をよく理解した上で広告を作成する必要があります。

地域密着型のWEB求人広告であるミナキャリなら、求めている人材からの応募が届くようになるでしょう。

まとめ

求人広告には、紙媒体であるフリーペーパーや新聞の折り込みチラシ、WEBでの掲載型広告が良く利用されています。WEBでの広告はどんどん広まっており、求人広告を掲載するサイトも増加し、今ではどこのサイトに広告を載せればいいのかわからない状態です。

求める人材をがっちりとキャッチしたいのであれば、地元密着型の求人広告サイト「ミナキャリ」へお問い合わせください。確かなヒアリングとサポートで、欲しい人材を採用できるまでしっかりお手伝いをさせていただきます。


ミナキャリ