長時間労働を削減するためには、労働時間に直接関係する法令上管理職のマネジメントの在り方だけでなく、システムを上手く組み合わせ各社員の仕事の仕方や意識を向上させていくことが有効です。あわせて組織体質の改善や単位時間辺りの生産性を高めていくことが重要です。
 
勤怠管理システムMINAGINE(ミナジン)では、未打刻があった場合に社員本人にアラートメールを配信したり、長時間労働対策として一定以上の残業時間が超過したタイミングで、本人と管理者(マネジャー)にアラート通知をさせる機能が付いています。また、有給休暇の消化日数が近づいてきたタイミングで本人にアラート通知させる機能もあり、有給休暇の取得率向上にもお役だていただけます。これらの機能により、従業員の就業意識を高める効果があります。
 
 

アラートの種類

登録チェック 出勤予定日の勤務開始時刻・終了時刻の登録状態を判定して、未登録の場合にアラートを表示します。チェックを掛ける対象は、出勤予定が登録されている日。登録されていない日。時刻・時間数は、開始打刻、終了打刻、休憩打刻等を指定できます。
承認チェック タイムカード承認状態を判定して、承認が完了していない場合にアラートを表示します。チェックを掛ける期間を指定できるので、いつから〜いつまでのタイムカードを対象にチェックを掛けるかを指定できます。
残業超過チェック 月の残業時間数を判定して、規定の残業時間数を超過した場合にアラートを表示します。集計期間は、[勤務時間登録(会社)の設定] 画面の [月の開始日] から [アラートタイミング] まで です。超過時間数を設定することが出来ます(例えば、残業時間が45時間を超過した場合にアラートを通知するなど)
時間外申請チェック 出勤予定日の勤務時刻と異なるが、時間外勤務の申請がされていない場合にアラートを表示します。チェックを掛ける期間を指定できるので、いつから〜いつまでのタイムカードを対象にチェックを掛けるかを指定できます。
有給休暇 有効期限チェック 有給休暇・振替休日の有効期限が近い場合にアラートを表示します。チェックを掛ける期間を指定できるので、有効期限の◯◯日前からチェックするなどを設定することが出来ます。

アラート通知対象者

アラートを通知できる対象者は、
 

・全社員
・特定の部署
・特定の社員 

 
で選択することが出来ます。
また、送る先は、本人以外にも、部署の責任者を勤怠管理システム上で設定できます。

お問い合わせはこちら
無料デモ 30日間無料でお使いいただけます。無料デモのお申し込みはこちら!
資料請求 60秒で完了!勤怠管理の資料請求はこちら。