【外資系企業向け】労務管理サポート
 
36協定遵守、サービス残業対策、有休取得促進など年々高次化していく労務管理。社会全体で労務管理への意識が高まる昨今、コンプライアンスが重視される外資系企業様にとって、適切な労務管理は必須です。MINAGINE就業管理システムでは残業対策から振休・代休の対応、多様な就業形態に適応できる機能があります。

MINAGINE就業管理システムはこんなことができます

残業対策 (残業時間抑制・サービス残業対策・36協定) 

みなし残業対応 残業申請がなくても、みなし残業時間をタイムカードに自動反映させる補助機能があります。
タイムカード承認制御 残業申請とタイムカードの残業時間が異なっている場合、申請が無ければタイムカードを承認できないよう制御をかけることができます。
打刻差異アラート 打刻時刻と勤務時刻に「◯分以上」差異がある場合、その理由をタイムカードへ記載するよう、アラートで促しをかけることが可能です。
残業時間超過アラート 月の残業時間が規定の時間数を超過した場合、メールアラートで本人、または上長へ促しをかけることができます。
打刻/入力/修正 タイムカードで、打刻時刻/本人の入力時刻/上長の修正時刻と、3つの時間を分けて持つことが可能です。

振休・代休 (残日数管理・有効期限設定・休日出勤との紐付け)

振休/代休の設定 休出時に必ず振休日を指定させる、後から休暇申請させる等、振休的な使い方も代休的な使い方も併用もできます。
紐付けと変更 休日出勤と振休・代休の紐付や、申請していた振休・代休日の変更ができます。
リアルタイム把握 本人・部下の休暇残日数をリアルタイムで把握することが可能です。
有効期限と支払計算 振休・代休の有効期限の設定と、期限切れ分の支払計算ができます。
振替出勤の制御 ◯時間以上の休日出勤申請の場合、振替休日を指定しなければエラーになる機能があります。

多様な就業形態(固定勤務制・フレックス・シフトなど)

個人毎に設定 固定勤務制/フレックスタイム制/シフト制、を個人毎に設定できます。
裁量労働 打刻時間とみなし労働時間の両方を持つことができます。
遅刻早退控除 電車遅延・体調不良等、やむを得ない遅刻早退は控除しないよう設定することができます。
時差出勤対応 ○時までに出勤すれば自動で予定を◯時間分ずらす、といった機能があります。

クラウドシステム + アウトソーシング

クラウドシステムのサービス特長

  • 複雑なルールに対応可能
  • 給与計算のための時間集計だけでなくデータを様々な労務管理に活用可能
  • 就業ルール変更や人事異動などの際には手厚くサポート

 

アウトソーシングの特長

  • システムで出来ない業務も、業務フローのご提案や当社アウトソーシングによる対応が可能
  • 給与計算まで一貫してのアウトソーシングが可能
  • 有休残日数レポートなど特殊なレポート作成代行が可能

 

ご利用料金

クラウドシステム 導入費(200,000円) + 基本料金(30,000円) + 人数課金(150〜300円/人)
アウトソーシング 作業毎個別見積 (5,000円〜)
30日間無料デモお申込み