人事部(管理部)側で出勤予定の勤務表を作成することが出来ます。固定勤務の社員については一度作成した勤務表を自動更新させて運用することも可能です。またイレギュラー勤務をされる方についても出勤予定が分かったタイミングで予定の登録/変更を行い勤怠管理システムに反映させることが出来ます。(当日/後日での変更も可能)
 

勤務表の出勤パターンの設定

勤務表出勤パターンの設定
 

勤務表の出勤パターンは複数設定できます。例えば、
 

フルタイムで(9:00~18:00)設定する社員
時短勤務者で(9:00~15:30)設定する社員
嘱託社員で(9:00~17:00)設定する社員

といった形で複数の勤務形態を設定し各々の社員に割り当てる形で勤務表を作り、勤怠管理システムに出勤予定を登録していきます。

 
 

勤務表をExcelでアップロードすることも可能

勤務表を作成する対象のスタッフが多数いる場合、Excelで作成した勤務表をアップロードさせることも可能です。例えば、アルバイトスタッフを多く抱える店舗型の企業様で、現場リーダー(管理者)が勤務表を毎月作成している場合、現場リーダーの方が作成したExcelベースの勤務表をそのまま勤怠管理システムにアップロードすることも可能です。勤怠管理システムに取り込む専用の取り込みファイルを作成して欲しいというご要望にも別途オプションでお受けすることも出来ます。

30日間無料デモお申込み

MINAGINEサービス全体像

MINAGINEサービスでは、ルール設計から運用までを一貫してご支援させていただきます。さらにそれぞれのサービスに対し、併設の社会保険労務士事務所が運用状況をチェックいたします。人事・労務管理を包括的にサポートさせていただきますので、ぜひご利用ください。