勤怠管理システムMINAGINEでは、休日出勤と紐付けて、振替休日や代休を申請することが出来ます。
 申請のフローも貴社のルールに合わせて、柔軟に設定が可能です。
 

振替休日と代休の違い

振替休日と代休の違い
 
 例えば、予め振替日を定めさせる為、休日出勤申請時に同時に振替日を入力するよう制御をかけたり(振替休日としての使い方)、逆に休日出勤申請時には振替日は指定させず、後から別途休暇として申請させる設定があります(代休としての使い方)。 また、振替休日には期限が設定できます。例えば3ヶ月以内に振替休日を化することが就業規則に規定されている場合はそのルールに沿って運用いただけます。 更に、期限内に取得できなかった振替休日については、手当化することも可能です。
 
 

振替休日・代休としての使い方

振替休日・代休としての使い方
 
振替休日は、休日出勤申請時に同時に振替日を入力します。
代休は、休日出勤申請時には振替日は指定させず、後から別途休暇として申請します。
 

手当化する使い方

手当化する使い方
 
取得できなかった振替休日を手当として付与します。

30日間無料デモお申込み

MINAGINEサービス全体像

MINAGINEサービスでは、ルール設計から運用までを一貫してご支援させていただきます。さらにそれぞれのサービスに対し、併設の社会保険労務士事務所が運用状況をチェックいたします。人事・労務管理を包括的にサポートさせていただきますので、ぜひご利用ください。
お客様の声