【ご好評につき再開催】労働基準監督署臨検の実態から読み解く!臨検対応セミナー

先日、大阪賃金問題研究会主催で開催された労働基準監督署臨検対応セミナー。参加された方からも、参加できなかった方からも、再開催のご要望の声を多くいただき、この度、株式会社ミナジン主催で再開催することになりました。
セミナー内容はより詳しくより濃くなっております。ぜひご参加ください。

***

長時間残業による過労死の労災認定、多額の未払い残業問題は、労働基準監督署の立ち入り調査(臨検)の結果として「送検」だけではなく「逮捕」されてしまうような事案が日々報道されています。ひとたび自社で発生したら多大な風評被害を受け、人件費の高騰が、一時的だけではなく継続的に生じ、人材についても採用難となり、企業競争力が削がれる大きな打撃となってしまいます。ほぼ予告なく行われる労働基準監督署の臨検への対応、事前準備は企業にとって非常に大切な時代です。

そんな時代を生き抜くために、人事企画に活用いただけるお話をさせて頂きます。ぜひご参加ください。

セミナー内容

『監督署臨検の対応について』
・監督署臨検の実態について
・個別事例からのトレンドについて
・対応のポイントについて

講師プロフィール

前田 英典(社会保険労務士法人ミナジン代表)
学生アルバイト時代より店長職を通じ勤怠管理の基本を学び、開業社会保険労務士経験を通し多様な業種・規模の労務相談、労務トラブルを解決。諸手続き、規程類作成・変更、助成金申請、セミナー講師、年金相談等の他、法人設立、建設業許可、入札、経営審査など多様な相談に対応。その後、事業会社管理部長に転身、経理実務作業を含め、上場企業完全子会社への事業譲渡、M&A、制度統合、人事評価制度導入、退職金制度変更、希望退職制度実施、成果業績給導入、資本提携と解消、日常の取締役会や株主総会実務から社長特命事項に至るまで、あらゆる責任者を経験、その実務経験を活かし、再び開業社労士として現在に至る。人事評価制度、労務問題など「規程」と「運用」のギャップを解消することに重きを置き、企業実務に精通した視点で労務トラブルの未然防止を得意としている。

開催日時・場所(東京)

日時 2017年9月29日(金)17:30〜19:20
会場 ちよだプラットフォームスクウェア
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21

竹橋駅(東西線) 3b出口・KKRホテル東京玄関前出口より徒歩2分
神保町駅(三田線・新宿線・半蔵門線) A9出口より徒歩7分
大手町駅(三田線・千代田線・半蔵門線・丸の内線) C2b出口より徒歩8分
小川町駅(新宿線・千代田線) B7出口より徒歩8分
神田駅(JR山手線) 西口出口より徒歩12分
受講料 3,240円(税込)

開催日時・場所(大阪)

日時 2017年10月20日(金)15:30〜17:20
会場 株式会社ミナジン会議室
大阪府大阪市北区堂島1丁目5番17号 堂島グランドビル6F
参加費 3,240円(税込)