PickUpNews「多様化する勤怠管理」

「多様化」がキーワードとなる働き方改革。当然改革を実行すると当然勤怠管理やセキュリティ管理はより複雑となります。そうした働き方改革を支える業務システムも次々とリリースされています。
ミナジンでも働き方改革関連のシステム導入の検討のタイミングで弊社社労士への相談が持ち込もまれることが多くなりました。そこで、「多様化する勤怠管理」をテーマに、今週の働き方改革、勤怠管理関連のニュースをピックアップしました。

2018年9月13日 HRソリューションラボ編集部

勤怠管理を忙しくてできない!という人事担当者様へ
労務管理をちゃんとやりたい。 きちんと給与計算をして、未払賃金をなくしたい。 過重労働を減らして時間外勤務の上限規制と36協定を遵守したい。 在宅勤務やフレックス、新しい働き方を導入したい。 しかし、しっかりとやろうとすればするほど、業務は複雑になり確かな知識が必要になります。しかし、多忙で人的リソースが少ないといった理由からそこで足踏みをしてしまう担当者もする方は多いのではないでしょうか?そこで導入を検討したいのが、労務管理をよくしたい人事労務担当の味方「MINAGINE就業管理システム」です。 ・最大3カ月間、全社的に勤怠システムが稼働開始できるまでコンサルタントがサポートします。 ・導入段階で、就業規則や賃金規定など、就業管理に関するルールで不安な点を、当社社労士がアドバイスします。 ・給与計算のアウトソーシングまで一貫してサービス提供が可能です。 労務管理のレベルアップは、「重要だけど緊急ではない」と思われがちですが、働き方改革の流れや、新型コロナウィルスの影響による就業環境の社会的な変化など、後回しにすれば会社にとって大きなリスクになります。 ”会社の未来をまもる”ためにも、是非「MINAGINE就業管理」サービスをご検討ください。