上記は全て勤怠不正としてみなされ労基法違反に!

※労基法違反になると懲役や罰金だけでなく企業ブランドイメージ毀損により従業員の離職や顧客との取引停止など様々な企業活動に悪影響をもたらします。

厚生労働省の発表によると令和2年度に労働基準法違反で是正指導を受けた企業は1,062社。
指導を受けた企業のうち10社に1社が1000万以上の残業代請求に!

出典:監督指導による賃金不払残業の是正結果(厚生労働省)

実態労働時間の把握・管理にはPCログ取得がマスト!



PCログ取得の重要性



#

従業員の勤務実態を把握することができる!

#

隠れサービス残業(ステルス残業)を把握することができる!

#

テレワークでも勤務状況が可視化できる!

#

勤怠不正行為(不正申告・改ざん)の抑止が可能!

#

従業員に法令遵守の取り組みを 示すことができるため、 信頼関係が向上する!

PCログの取得は従業員の勤務実態が把握できるだけでなく、
企業のコンプライアンス向上にも役立つ!

PCログは勤怠管理システムで一元管理することを推奨!

打刻データとPCログデータの突合作業が不要!

勤怠管理システム内でPCログの取得ができるため、打刻データとPCログの乖離確認は自動化できます。IT資産管理ツールの場合、データの抽出及び突合作業が必要なので、担当者にかかる負荷が大きいのです。

低価格で導入可能!

IT資産管理ツールは、ログ取得含め多機能な分、コストが高くついてしまいます。PCログ取得機能付きの勤怠管理システムであれば1人当たり300円前後で導入可能です。

1分でわかる!

ミナジンのPCログ取得機能付き
勤怠管理システムとは?

資料ダウンロード >

PCログ取得機能付きの勤怠管理システムなら
ミナジンにお任せ!

ミナジン勤怠管理システムの4つの特長

1 勤怠データとPCログを一元管理が可能!

打刻データとPCログデータの突合作業も容易なため、乖離の大きい従業員にはタイムリーなアラートアクションが可能です。PCログを打刻とみなすことも、みなさずにデータとして保持しておくことも可能です。

2 Windows、Macに対応!

国内で100以上ある勤怠管理システムの中で、Macにも対応している数少ない勤怠管理システムです。

3 リーズナブルな利用料金!

1人あたり月額200円とIT資産管理ツールと比較しても圧倒的なコストメリットを誇ります。 ※PCログ取得のみの料金となります。 ※従業員100名の場合 ※当社調べ

4 打刻時間の改ざんができない仕様!

初回の打刻データが永久保存される仕様のため、打刻時間の改ざんを防止します。これにより厚労省ガイドラインにもある”客観的打刻”を実現しています。

1分でわかる!

ミナジンのPCログ取得機能付き
勤怠管理システムとは?

資料ダウンロード >