PCログを使った客観的な労働時間管理とは?IT資産管理ツールと勤怠管理システムの比較を交えて解説

動画アーカイブ概要

タイトルPCログを使った客観的な労働時間管理とは?IT資産管理ツールと勤怠管理システムの比較を交えて解説
概要皆様の企業では「客観的な労働時間管理」実現できていますでしょうか? 


自己申告による勤怠管理では従業員の勤務実態を把握することは出来ず、未払い賃⾦や36協定違反といった労務リスクが生じます。
テレワークの導入や働き方改革の推進により、多くの企業がPCログを始めとした「偽造のできないログ」を取得し、自社の勤怠管理の在り方を変えています。

 

本動画では、「客観的な労働時間管理」をPCログによってどのように実践していくのか、
その手段であるIT資産管理ツールと勤怠管理システムの詳細な比較を踏まえて解説していきます。

所用時間60分
対象・PCログを取得して労務リスクに対応したい
・PCログを取得する方法として、IT資産管理ツールと勤怠管理システムの違いを詳しく知りたい
・PCログを取得する会社が増えているが、その理由や背景を知りたい
登壇株式会社ミナジン Marketing ユニット 高橋悠太
視聴費用無料
視聴方法お申込み後にYouTubeのURLをメールにてお送りさせて頂きます

動画タイムテーブル

第1部客観的な労働時間管理とは?
第2部PCログが取得できるツール比較(IT資産管理ツール/勤怠管理システム)
第3部PCログ取得ができる勤怠管理システムとは?またそのメリット