【100名以下の企業限定】人材育成・定着を課題とする中小企業が取り組むべきこととは?

※本セミナーは社員数100名以内、人事評価の仕組みがない企業様にオススメのコンテンツとなっております。

「せっかくコストをかけて人材採用しても2~3年で辞めてしまう」 
「若手社員や優秀な社員から離職してしまう」
「管理職人材の育成が急務である」

人材獲得競争が激化する中、上記のような離職率の改善
人材定着、人材育成に課題を抱える企業様は少なくないかと思います。

本ウェビナーでは人材育成や定着に向けてどういった打ち手があるのか、
ミナジンの人事評価コンサルタントの川崎より解説いたします。

セミナー概要

セミナー名【100名以下の企業限定】人材育成・定着を課題とする中小企業が取り組むべきこととは?
対象人材育成・定着に課題を抱える中小企業の人事・経営層
日時10月12日(火)15:00~16:00
参加費無料
受講方法【オンライン】Zoomを使用して開催致します。
お申込み後に詳細なご案内をメールにてお送りさせて頂きます。
お問い合わせsales@minagine.co.jp

講演内容

・時代背景と動向
・採用コストがふっ飛ぶ若年層の離職あるある
・社員離職によるリスクとは
・人材育成と定着に向けて取り得る施策

セミナー登壇者

株式会社ミナジン
人事評価コンサルティング部 ソリューションコンサルタント
川崎 健史

大学卒業後、大手学習塾本部校の校舎長とマネジメントを兼任。その後、一部上場の不動産会社に転職し営業経験を積む。
2019年にミナジンに入社~現在に至るまで人事評価コンサルタントとして従事。中小企業を中心に評価制度の構築支援からシステム提案、運用サポートまでワンストップサービスを提供。100社以上に評価制度の導入実績あり。