ホワイトマークとは

ホワイトマークとは、厚生労働省から安全衛生優良企業として認定された企業に授与されるマークです。※安全衛生優良企業とは、労働者の安全や健康を確保するための対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善している企業を指します。

ホワイトマークを取得すると、厚生労働省ホームページにおいて優良企業として社名が掲載されます。

優良企業の紹介

また、認証マークを製品や広報誌、求人媒体に使用することでホワイト企業としてPRができるため、テレビ、ネット、業界紙など各種メディアへの露出が増え、企業イメージを向上させることができます。

企業イメージが向上すると、どうなるか。直接的には、働く社員のモチベーションUP、求職者・取引先へのPR効果が期待できますし、社員の安全・健康が担保されれば生産性向上=業績UPに繋がります。ホワイトマークの取得ひとつで、事業発展の成果が得られることになるのです。

特に、採用がうまくいかない、定着しないといったことでお悩みの企業様ぜひご参加ください!

セミナー概要

開催日時 5月27日[月]14:00~16:30(受付開始13:30~)
会場 ちよだプラットフォームスクウェア(504会議室)(⇒ アクセス
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3丁目21
参加費 無料

セミナーカリキュラム

第1部(14:00〜15:10)
「厚生労働省が認定する『ホワイトマーク』で実現する働き方改革」

既に7,000社以上の企業が取得!更にこの1年で2,000社増加!国がホワイト企業であることを公的に証明する“ホワイト企業マーク”その中でも最も上級のマーク“ホワイトマーク”について徹底解説いたします!

  • ホワイト企業マークとは
  • 採用力のヒ・ミ・ツ
  • ホワイトマークの取得メリット
  • 取得におけるポイント
  • 実際の取り組み内容について

安全衛生優良企業マーク推進機構 理事長
木村 誠

東洋大学法学部卒業後、第一生命保険相互会社(現第一生命保険株式会社)入社。2003年、株式会社ユニバーサルステージ設立。代表取締役(現職)に就任し、メンタルヘルス事業開始。また、ホワイト企業マーク認定支援コンサルティング、非営利型一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構を設立した。現在、ホワイトマークの推進のため、厚生労働省とセミナー等を開催している。

・厚生労働省ホワイトマーク(「安全衛生優良企業公表制度」)周知啓発事業 委託事業者(2016年度)
・厚生労働省ホワイトマーク(「安全衛生優良企業公表制度」)育成事業 委託事業者(2018年度)

休憩(15:10〜15:20)
第2部(15:20~16:20)
「ホワイト企業になるための最短ルートとは?」

  • 社員の健康管理に労働時間管理は必須!!!~クラウド勤怠管理ソフトのご紹介〜
  • 改正労基法対応機能のご紹介
  • 見える化した労働時間データの有効活用法(退職予測機能など)
株式会社ミナジン  
野口敦至 (クライアントパートナー部 部長)

同志社大学経済学部卒業。日本板硝子株式会社に入社し、約15年間、代理店管理の部署にて、東京、名古屋、長野の大型代理店を中心に担当。自社製品の販路、販売数量を拡大し、代理店の経営環境を好転させた。2008年エイブルワークに入社。人材サービス事業部営業担当を経て、事業部長就任。クライアント企業の人員最適化と自社の収益化を両立させるサービスを推進した。2014年経営戦略本部長、2018年クライアントパートナー部部長に就任。多種多様な企業内部を見て来た経験を活かし、クライアント企業に最適なサービスを提案している。

質疑応答・アンケート記入(16:20~16:30)
個別相談(16:30~17:00)

セミナー会場・アクセス

会場地図
ちよだプラットフォームスクウェア(504会議室)
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3丁目21