アルバイト採用の効率を上げる方法

アルバイト採用の告知をしてもなかなか見てもらえない、応募があってもそれが採用につながらないと悩む会社が多いようです。

なるべく早く採用したい時や採用コストをなるべく下げたい時には、採用効率を上げる工夫をしていきましょう。ここでは、アルバイト採用の効率を上げる方法を紹介します。

アルバイト採用を効率的に進めるための注意点

アルバイト採用を効率的に進めていきたいのなら、いくつかの注意点に気をつけて情報を開示していかなければいけません。

様々な情報を出しすぎて、却ってわからなくなっている募集をよく見かけます。なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?もしかすると、採用したいターゲットをしっかり絞り込めていないことが原因かもしれません。

まずは採用したいターゲットを確実に絞り込みましょう。18歳男性業界未経験、25歳女性有資格者、30歳までの普通免許所持など、細かくターゲットを設定することで公開すべき情報が変わってきます。ターゲットが決まれば、自然とそのターゲットに届きやすい手法に変わっていくでしょう。

例えば20~25歳女性美容師を採用したい場合、求人広告サイトばかりではなくお店のSNSアカウントで募集をかけるという手もあります。男子学生がターゲットであれば、学生がよく出入りするお店に求人募集ポスターを貼ってもらうのも効果的です。

さらに募集する際に公開する情報は、採用後のミスマッチを防ぐ重要なポイントとなりますのでしっかりと記入しましょう。

具体的なコツとしては、月に何時間働ける、土日は積極的に入るようにしてほしい、イベント月には稼働時間が増えるなど、細かい部分までフォローしておくと効果的です。

「週5日入れます」とかいてあるのに実際は週2日しか入れない、「アットホームな職場です」と書いてあったのに新人へのフォローが少なかった、といったような状態にならないように注意しましょう。

アルバイト採用の方法は何が有効?効率的に進めるためには

アルバイト採用における募集の方法はいくつかあります。種類が多すぎてどれを選べば良いのかわからない場合には、まずそれぞれの特徴を知りましょう。採用方法ごとのメリットとデメリットを見極め、そこから必要なものを抜き出していきましょう。

・ハローワーク
お金をかけずに求人を出すのなら、ハローワークも選択肢に入ります。ただしハローワークに来る人は年齢も性別もバラバラで、ターゲットがわかりにくいという難点があります。

さらに、ハローワークに求人を出すためには多くの手続きを踏んだり、書類を作成したりしなければいけません。すぐに採用したい、多くのアルバイトを集めたいという時には向いていないでしょう。

・求人媒体
今や求人媒体は多岐にわたります。フリーペーパー、地方求人情報誌、全国版。さらにネットでのアルバイト求人サイトは数多くあり、どれを選べば良いのかわからず困っている方も多いでしょう。

求人媒体を利用する時には、なるべく地元の強い媒体を使いましょう。昔からある地元で名の知れた情報誌でも良いですし、新聞広告でも大丈夫です。若い世代に対し、より効果的なものを狙うのであれば、地元の求人サイトを活用しましょう。

女性専門、主婦専門、学生専門など、様々な求人サイトを活用するのもおすすめです。専門的な求人サイトを利用する時には、どうしても競合他社が多くなってしまう点に気をつけましょう。

ありきたりな広告では、他の広告に埋もれて、見つけ出してもらえない可能性があります。

・人材紹介
すぐにでもアルバイトを採用したい時には、アルバイトやパート専門の人材紹介会社を使うのも効果的です。すぐにこちらの欲しい人材にマッチしたアルバイトを紹介してくれるでしょう。

人材紹介にはそれなりの費用がかかりますが、長く求人広告を出しておくより効果が高く、おすすめです。

・大学専門学校
大学や専門学校に求人情報を掲示してもらうという手もあります。これならば学生にダイレクトに届きますので、学生に人気の居酒屋をはじめとした飲食店のアルバイト募集に向いています。

費用もほとんどかかりませんし、より多くの学生アルバイトを採用したい時にもおすすめです。

・知人の紹介
身元のはっきりとした人を雇いたい時には、知人の紹介でもいいでしょう。「今、アルバイト先を探している人はいないかな?」と直接声をかける、またはメールなどで聞いてみてもいいでしょう。

広告を出す手間も省けますし、「採用するのは1人だけ」「大々的に広告を出したくない」という場合に向いています。ただし、自分の欲しい人材が来るとは限らないのが難点です。

・SNS
現在、若い世代の間ではSNSで求人を探すこともあるようです。ネットの検索で検索サイトを使わず、SNSの検索機能を駆使して求人情報も探しています。

流行や情報に敏感な世代、おしゃれに興味のある人材を採用したいのなら、SNSで求人広告を出してみるといいでしょう。SNSを通してスカウトするという手もあります。

アルバイト採用がどうしてもうまくいかない場合は専門業者を頼ろう

ここまですべてのアイデアを使ったけれども、全くうまく行かない。採用できても定着しない、そもそも応募が全く来ない。そんな時には第三者目線でのアドバイスが必要です。

自分では完璧だと思っている手法や戦略でも、はたから見るとよくわからないものであったりすることもあります。

アドバイスを貰う第三者は、誰でも良いわけではありません。できれば求人や採用のプロの意見を聞きましょう。多くの人材の採用に関わってきた、求人広告のチェックを行っている、そんな心強い味方をつけたいのなら、ミナキャリにご相談ください。

ミナキャリが他の求人サイトと異なる点は、単なる求人広告掲載サイトではないということです。ミナキャリでは、求人したい企業に対し徹底したヒアリングを行い、的確な募集を行うだけではなく、求職者とのマッチングもサポートしています。

広告を掲載して終わり、ではなくその先の採用までしっかりとお手伝いするのが特徴です。例えばミナキャリの面接代行は、「面接のドタキャンが多くて業務に支障が出ている」という企業にもおすすめ。

その他、人員が少なくて採用にまで人手を割けない、文章を書くのが苦手で広告を上手に作れない企業もしっかり手助けいたします。

「そもそも頑張っているのになぜ結果が出ないのかわからない」「どうやったら効率が上がるのかわからない」という人事担当の方のお悩みも解決いたします。

採用がうまくいかない原因と向き合い解明し、適切な方法を選び実行。実際に採用できるまですべてサポート。採用に関する一連の流れを企業毎に把握できるのがミナキャリの強みです。

どんどん人材を集めて事業を拡大したいのなら、ぜひミナキャリにご相談ください。

まとめ

このように、アルバイト採用の効率を上げる方法はいろいろあります。ただしどの手法を選んでも、気をつけたいのが「採用後にしっかり定着してもらえるか」という点です。

採用後の定着率が悪い企業では、採用の効率を上げるために募集情報が事実とかけ離れていたり、多くの人が応募できるよう応募のハードルを下げすぎたりしています。

いくら採用効率を上げても、これではコストが掛かるばかりでいい採用方法とは言えませんよね。大切なのは「求める人材をどれだけ効率よく採用できるか」という点です。

ミナキャリなら、徹底したヒアリング情報を元に求人をしっかりサポート。すぐに採用したい企業に対しては人材紹介サービスも行っています。これまでの採用方法でうまく行かなかった方は、ぜひミナキャリにお問い合わせください。


ミナキャリ