建設業の勤怠管理システム|選び方の特徴とおすすめツール4選

建設業においては、勤怠管理を手書きのタイムシートや日報で行なっている企業も多く、
「日報がなかなか集まらない」
「手書きのため入力漏れや記憶違いの誤った報告が多い」
「現場からの報告に信憑性が欠ける」
などといった悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。

これらに加え、現場への直行・直帰がルーティンである従業員が多いことや、現場ごとに勤務時間が異なる、といった点も、建設業における勤怠管理を煩雑化させてしまっている要因といえるでしょう。

建設業界特有の悩みや、法改正による課題を一気に解決するためには、最低限の管理をオンライン上で行える「勤怠管理システム」の導入が不可欠と言えます。

本記事では、勤怠管理システムを利用することで建設業の悩みをどのように解決できるのか、また、建設業におすすめの勤怠管理システムはどのようなものかについて解説いたします。

ぜひ最後までご覧ください。

勤怠管理システム導入で解決できることとは?建設業ですべき3つの理由

冒頭でも触れた通り、建設業では特有の勤務スタイルや文化から、勤怠管理におけるさまざまな悩みや課題が山積しています。

さらに働き方改革による法改正もあり、勤怠管理における対策が追いついていない企業も少なくないでしょう。

本章ではこうした課題を、勤怠管理システムを導入することでどのように解決できるのか、

1.労働時間を記録できる
2.集計を正確に・早く行える
3.有給休暇の5日利用の推進が可能

の3つの観点から、解説いたします。

1. 労働時間を記録できる

働き方改革により労働安全衛生法が改正され、2019年4月から労働時間を「客観的な方法で適正に把握すること」が義務付けられました。

企業は、従業員の就業時間を把握し、そのデータを3年間保管しておく必要があります。

手書きのタイムシートでは、何らかの事情により、実際の就業時刻と異なった時刻が記載されていても、使用者はそれに気がつくことができない場合があります。

このため、自己申告記入制の出勤簿は「客観的管理の観点から外れる」と判断される場合があります。

出典:MINAGINE就業管理

勤怠管理システムの中には、勤怠の打刻を指紋認証で行えるものや、上記の図のようにGPSで打刻した場所を管理できる(GPS打刻機能)ものがあります。

労働時間を勤怠システムで管理すれば、恣意的に労働時間を変更して記録することができなくなるため、不正や記入ミスといったケースもなくなり、システムによる客観的な管理が可能になります。

現場からの報告に信憑性がない、といった悩みも、同時に解決することができます。

2. 集計を正確に・早く行える

東京都産業労働局の「労働時間管理に関する実態調査(平成29年)[PDF]」によると、建設業に限らず、現状では労働時間の管理をタイムカードや自己申告によって行っている企業が80%以上であることがわかっています。

出典:労働時間管理に関する実態調査[PDF]

しかしタイムカードや自己申告の手書きの報告書での管理だと、提出漏れや記入漏れに気がつくのに時間がかかったり、集計に手間がかる、効率も悪く正確な管理が困難です。

勤怠管理システムで管理することにより、膨大な勤怠データをシステムが集計してくれ、給与計算まで自動で行なってくれるため、人の手による集計の必要がなく、かつ正確に管理することが可能です。

また、システムのアカウントと社員番号を紐づけることで日報と記入時間もシステムで一元管理が可能です。これにより、今まで勤怠管理に従事していた人事などの担当者の業務工数を削減することができます。

手書きのタイムシートのほか、タイムカード・出勤簿などのアナログ手法で勤怠を管理している場合は、勤怠管理システムの導入を検討した方が良いでしょう。

3. 有給休暇の5日利用の推進が可能

2019年4月に改正された労働基準法では、全ての企業は、従業員に年5日の有給休暇を取得させることが義務化されました。(年次有給休暇が10日以上付与される労働者が対象)

しかし建設業は、慢性的な人不足や工期を重視する文化から、有給休暇の取得率が低い業種となっています。

出典:厚生労働省|平成30年就労条件総合調査の概況[PDF]を元に作成

上図は厚生労働省の調査を元に、産業別に労働者の有給休暇取得率の平均をグラフ化したものです。

建設業の有給休暇の取得率は38.5%で、他業界と比較すると、著しく取得率が低いことがわかります。

同業界は、慢性的な人不足や工期を重視する文化から、有給休暇を取得しにくいと言われていますが、この事実に加え、既に述べたような「勤怠管理のし辛さ」や「休暇把握の難しさ」も、有給休暇の取りづらさに拍車をかけているといっても過言ではないでしょう。

加えて、2019年4月より順次施行されている働き方改革関連法では、事業者が従業員に有給休暇を取らせることや、客観的に労働時間を把握することが義務付けられています。

先述の法改正では、違反する企業には罰則が課される場合もあり、建設業界にとっては深刻な問題と言えるでしょう。

しかし勤怠管理システムを利用すれば従業員の休暇を可視化して管理できるため、効率よく従業員に休暇をとってもらうことが可能になり、こうした問題を解決するための一助となるでしょう。

出典:MINAGINE就業管理(時間外労働時間数がハイライトされる)

▼関連情報

建設業におすすめの勤怠管理システムの選び方

勤怠管理システムと一口に言っても、その機能や使い勝手はシステムにより大きく異なります。

建設業においては
・直行・直帰の従業員が多い
・従業員が複数の現場を掛け持ちしている
・現場ごとに勤務時間が異なる
といった傾向から、勤務時間の把握だけでなく、工事労務費の集計や人員調整が煩雑になりがちです。

また同業界は慢性的な人不足や工期重視といった理由から、有給休暇の取得率が低く、週休2日制を取り入れている企業も少ないなど、従業員が十分な休暇を取りづらいことも課題となっています。

こうした建設業界特有の悩みを解決するためには、

1.クラウド型
2.GPS打刻
3.工数管理機能(日報入力機能)
4.休暇管理機能

の4つの機能が備わった勤怠管理システムを選ぶと良いでしょう。

それぞれの機能について、詳しくみていきましょう。

1. クラウド型

「クラウド」とは「インターネットを通じて、サービスを必要な時に必要な分だけ利用する」という考え方を指します。

従来の勤怠管理システムは特定のパソコンからしかアクセスできない(オンプレミス型)といった理由から、人事担当者が集めた従業員分のタイムシートや日報をまとめて本社のパソコンに打ち込んだり、遠隔地の現場での工数確認を取るのに時間を要するなど、現場との連携が必要な建設業には不便な点がありました。

クラウド型の勤怠管理システムであれば、インターネット上の情報システムで勤怠情報を管理・運用できるため、時間も場所も選ばずにデータへのアクセスやリアルタイム反映が可能になります。

また、サーバーのバージョンアップを行いたいときは、サーバー管理ベンダーに問い合わせることで対応できます。急に従業員が増えたときや、機能を追加したいときなどに、自社で専門家を抱えておらずとも小まめに対処できるのが魅力でしょう。

▼勤怠管理比較表

参考:株式会社ミナジン代表取締役社長 佐藤栄哲のブログ

インターネットと端末さえあれば導入が可能なため、コストを最小限に抑えられることも魅力です。

2. GPS打刻

GPS打刻とは、スマートフォンやタブレットのGPS機能を利用し、専用のアプリケーションから打刻してもらう勤怠管理方法です。

使用デバイスのGPS機能をONにしておけば、従来のタイムカードと違い、従業員が外出した出先のどこで、いつ出退勤したかという情報を把握できます。そのため、別々の現場を担当している複数の従業員それぞれの出勤場所を把握し、より正確な勤務記録を残すことが可能です。

出典:MINAGINE(打刻画面)

出典:MINAGINE(打刻場所の表示)

た、GPS打刻アプリでは、位置情報を利用して、打刻が有効となる場所の範囲をあらかじめ設定できるものがほとんどです。つまり、設定したエリアに出勤していなければ、打刻通知を送ることができないのです。
不正な打刻を防ぐこともでき、直行・直帰の多い建設業では必須の機能と言えるでしょう。

3. 工数管理機能(日報入力機能)

日報入力の機能があれば、労働時間のデータと合わせて、工事労務費の集計も自動で行うことができます。
工事や現場作業員別の労務費集計データから労務費の把握が可能になり、全体の原価管理や業務効率化につながります。

手書きで提出された日報から勤務時間をチェックして出面表を作成していて、リアルタイムでデータを把握できないために、スケジュールに誤差が出てしまった、という人的ミスを防ぐことができます。

4. 休暇管理機能

勤怠管理システム、長時間労働を防止するためのアラートや、有給休暇が使える時期になるとアラートが出るなど、各種アラート機能が充実しているものもあります。

また、誰がいつ休暇をとるのか可視化でき、現場の人数調整をスムーズ行うことが可能になり、従業員が休みを取りづらいといった課題の解決にもつながります。

建設業におすすめの勤怠管理システム4選

この章では、前の章の解説を踏まえ、

・クラウド型
・GPS打刻
・日報入力、工数管理機能
・休暇管理機能

の4つを網羅した勤怠管理システムを4つご紹介します。

MINAGINE

出典:MINAGINE

「MINAGINE就業管理」は、人事労務に長けたメンバーが作成した、コンプライアンスに強いクラウド型の勤怠管理システムです。

打刻管理をはじめ、労働基準監督署が推奨するフォーマットでの出勤簿の出力が可能なため、企業担当者のチェック工数を削減してくれます。

またストレスチェック機能では、個人の日々の業務時間を細かく管理できます。建設現場と自宅の行き来で、なかなか個人への管理を行き届かせるのが難しい勤務形態にあっても、メンタルヘルスの維持ができるようサポートできます。
もし労働時間が超過している場合には、従業員と管理者の双方にアラートが送られるようになっています。

ただ従業員の就労データを集めるだけでなく、管理側の業務効率化や理解促進まで考え抜かれた面倒見の良いサービスです。

サービス詳細を見る

勤怠管理システム「MINAGINE就業管理」の特長・導入事例をサクッと目を通せる形にまとめた資料「1分でわかる!MINAGINE就業管理」を、無料でダウンロードできます。勤怠システムのご利用検討時に、他社サービスとの比較検討を素早くしたい場合にご活用ください。

2. 使えるくらうど勤怠管理 for 建設業

出典:使えるくらうど勤怠管理for建設業

使えるくらうど勤怠管理は、「使えるくらうど」シリーズの、建設業のに特化した勤怠管理システムです。

すでに利用している給与ソフトや原価管理システムと連携し、データをコンバートできたり、スケジュール機能や設備予約、掲示板機能も備わっており、社内イントラネットのような使い方ができることも魅力です。

同システムを提供するアサクラソフトは、勤怠管理システムの他にも建設業向けのサービスを提供しており、パソコンの操作に慣れない現場作業員でも使い安いインターフェースになっています。

▼サービスを見る
使えるくらうど勤怠管理for建設業

3.シフトマックス

出典:シフトマックス

「ShiftMAX(シフトマックス)」は、操作画面にExcelを使用して、Excelに打ち込まれたデータを直接クラウドに接続する仕組みの勤怠管理システムです。

現場で働くスタッフから、現場の責任者、本部の管理者、さらには経営層のメンバーまで、全ての人が心から使いやすいと思えるシステムを目指して作られており、使いやすさに定評があります。

また、スマートフォンやタブレットだけでなく、指紋認証やICカード、通話による打刻も可能なので、スマホを持たない従業員のいる現場でも導入が可能です。

▼サービスを見る
シフトマックス

4.IEYASU

出典:IEYASU勤怠管理

IEYASU勤怠管理の魅力は何と言っても、完全無料で利用できる点です。
無料ながら、1000社以上のサポート経験により培った人事・労務の専門ノウハウが詰まったシンプルで使いやすい勤怠管理システムです。

建設業に特化したシステムではありませんが、GPS打刻、日報入力、工数管理機能、休暇管理機能は網羅しているため、まずはコストをかけずに勤怠管理を見直したい、という企業にはおすすめです。

▼サービスを見る
IEYASU勤怠管理

まとめ|クラウド型勤怠管理システムで建設業の悩みを一気に解決しよう

本記事では、建設業で勤怠管理システムを導入するべき理由や、勤怠管理システムの選び方、建設業におすすめの勤怠管理システムをご紹介しました。

クラウド型勤怠管理システムでは、リアルタイムで従業員の勤怠や現場の進捗を記録することができ、手間をかけず正確に集計や管理を行うことができます。

また、こうしたシステムを導入することは、労働環境が整備されていなかった建設業の問題の解決に貢献するでしょう。

もし勤怠管理に悩みを抱えていたり、現場作業員のワーク・ライフ・バランスを向上さえたいと考えている場合は、クラウド型勤怠管理システムの導入を検討しましょう。

勤怠管理を忙しくてできない!という人事担当者様へ

労務管理をちゃんとやりたい。 きちんと給与計算をして、未払賃金をなくしたい。 過重労働を減らして時間外勤務の上限規制と36協定を遵守したい。 在宅勤務やフレックス、新しい働き方を導入したい。

しかし、しっかりとやろうとすればするほど、業務は複雑になり確かな知識が必要になります。しかし、多忙で人的リソースが少ないといった理由からそこで足踏みをしてしまう担当者もする方は多いのではないでしょうか?

そこで導入を検討したいのが、労務管理をよくしたい人事労務担当の味方「MINAGINE就業管理システム」です。

・最大3カ月間、全社的に勤怠システムが稼働開始できるまでコンサルタントがサポートします ・導入段階で、就業規則や賃金規定など、就業管理に関するルールで不安な点を、当社社労士がアドバイスします。 ・給与計算のアウトソーシングまで一貫してサービス提供が可能です。

労務管理のレベルアップは、「重要だけど緊急ではない」と思われがちですが、働き方改革の流れや、新型コロナウィルスの影響による就業環境の社会的な変化など、後回しにすれば会社にとって大きなリスクになります。 ”会社の未来をまもる”ためにも、是非「MINAGINE就業管理」サービスをご検討ください。