深夜手当の定義とは?時間帯や深夜割増賃金の計算方法

深夜の勤務や残業に対して深夜手当を支払うことは企業の義務です。労働基準法では、深夜(22時~翌5時)の労働に対して基礎賃金の25%以上を上乗せすると規定(※1)されています。

別途、残業に対しては25%以上、休日出勤の労働には35%以上の割増額を支払う義務がある点も気をつけておきたいポイントです。これらが同時に発生する場合、割増率は合算されます。ただし、深夜残業が増えると従業員の業務負担が大きくなるのはもちろん、企業は深夜手当によって経費負担が膨らんでしまうため、深夜残業は極力減らすのが理想です。

今回は、深夜手当の定義や割増賃金を支払う場合の計算方法を解説します。計算時の注意点や深夜残業を減らしていくための対策もご紹介していますので、今後の取り組みにぜひお役立てください。

勤怠管理を楽にしたい人事担当者様へ

労務管理をちゃんとやりたい…。 でもリソース不足で手がまわらないし、確かな知識を持った社員もいない…。 そんなお悩みを抱える人事担当者様には、楽に勤怠管理ができる勤怠管理システムの導入がおすすめです。

MINAGINE就業管理」はコンサルタントが導入・ルール設計から運用まで、"総合的にサポート"します。
【資料内容】打刻の種類、勤務・休暇の申請機能、残業チェッカー、利用イメージ、導入事例、利用料金

深夜手当とは?

まず、深夜手当がどういうものかという点や夜勤手当との違いをクリアにしましょう。

深夜手当の定義

深夜手当とは、従業員の深夜労働に対して支払う割増賃金のことです。法律上の時間外、休日及び深夜の割増賃金(第37条)の「深夜の割増賃金」を指しています。

また、法律では割増率25%以上が義務付けられています。

深夜手当と夜勤手当の違い

夜間の労働に対する手当の一つに「夜勤手当」があります。上記の通り、深夜手当の支払いは労働基準法で規定された企業義務です。一方、夜勤手当については法的な規定や義務がありません。導入/非導入、及び割増率の決定は企業の任意とされています。

深夜手当の対象時間帯は?

労働基準法では、深夜手当の対象となる時間帯も明確に規定されています。対象となるのは「22時~翌5時まで(※2)」です。この時間帯(7時間)に労働に対し、深夜手当の支払いが発生します。一般的な「深夜」のイメージで午前0時からと思われる方も多いようですが、深夜手当は22時から適用となる点にご注意ください。

深夜割増賃金の計算方法と注意点

ここから深夜割増賃金の計算の仕方について、いくつか例を挙げながら解説します。計算の際に気をつけておきたい点も挙げていますので、ぜひチェックしてください。

基本の計算式は、「時給(1時間あたりの賃金)×割増率×時間」です。
月給制であれば、「月の基本給÷所定労働時間」で時給額を算出します。
※時間外労働(残業)や休日出勤(法定休日に勤務)である場合は各手当の割増率を合算。時間外手当・残業手当の割増率は25%以上、休日手当の割増率は35%以上。

計算方法

※時給1,000円での計算例
【A】一日8時間労働(9:00~18:00)の人が深夜0時まで働いた場合

9:00~18:00 (休憩1時間) 時給1,000円☓8時間
18:00~22:00 (休憩1時間) 時給1,250円☓3時間(残業25%増)
22:00~24:00 時給1,500円☓2時間(残業+深夜=50%増)

【B】一日5時間労働(13:00~19:00)の人が深夜0時まで働いた場合

13:00~19:00 (休憩1時間) 時給1,000円☓6時間
19:00~22:00 時給1,000円☓2時間(残業扱いなし)
22:00~24:00 時給1,500円☓2時間(残業+深夜=50%増)

【C】一日8時間、夜勤(22:00~7:00)で働いた場合

22:00~5:00 (休憩1時間) 時給1,250円☓6時間(深夜25%増)
5:00~7:00 時給1,000円☓2時間

【D】休日出勤として深夜に8時間(22:00~7:00)働いた場合

22:00~5:00 (休憩1時間) 時給1,600円☓6時間(休日+深夜=60%増)
5:00~7:00 時給1,350円☓2時間(休日35%増)

計算時の注意点

割増賃金を計算する際に注意しておきたいポイントを押さえていきましょう。

実働時間で計算する

所定労働時間が決まっていても、労働時間や残業、深夜手当などは、従業員の実働時間とその時間帯をもとにして計算します。

条件が重なる場合は割増率を合算

残業によって労働が深夜に及ぶ場合は、残業の割増賃金(25%以上)と深夜勤務の割増賃金(25%以上)がどちらも加算されます。つまり、最低でも基礎賃金の50%が上乗せとなるわけです。上記の【A】や【B】の22時以降の深夜勤務が該当します。

また、上記【D】のように休日出勤+深夜労働となる場合、休日労働に対する割増賃金が35%、深夜割増が25%であれば、合算して60%増の額の支払いとなります。

残業の割増賃金の支払義務は法定労働時間以上が対象

残業には25%以上の割増額を足して支払う必要がありますが、この義務は法定労働時間以上、つまり一日8時間以上になる場合に適用されます。労使契約上の所定労働時間が基準にならない点にご注意ください。上記【B】の19:00~22:00の労働的には残業ですが、8時間以内のため割増する義務はありません(※関連記事2参照)。

計算が複雑で間違いやすい残業や深夜残業に伴う割増賃金については、以下の記事でも詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

法定労働時間・時間外労働の法律上の規則については、以下の記事をご参照ください。

深夜手当は管理職も対象範囲

管理職は残業手当の支払い義務対象から外れますが、深夜手当については支払うべき対象に含まれます。未払いが発生しないようきちんと管理していくことが大切です。

要注意!深夜勤務ができないケース

そもそも深夜勤務をさせてはならない従業員もいます。たとえば、18歳未満の従業員は原則不可です。ただし、16歳以上/男性/交替制の条件下では特例的に認められています(※3)。妊産婦(妊娠中から出産後1年まで)の深夜勤務は禁止です。また、育児や介護をしている従業員についても制限があるため注意しましょう。

深夜労働を減らしたいときは?


深夜残業に対しては、削減・改善に向けたアクションが求められます。ここで、深夜労働を減らすための対策をご紹介します。

朝型勤務の推奨

午前中の早い時間帯の始業や重要業務に取り組むことを推奨したことで、全体的な残業削減に成功した企業もあります。生産性やパフォーマンスの向上も期待できるでしょう。

時間に対する意識改革

残業時間の可視化・共有すると業務を効率的に進める意識が働くようになります。自動で記録・可視化・共有できる勤怠管理システムの活用がおすすめです。すべては無理でも深夜残業の禁止や制限ルールを設けることでも時間に対する意識を喚起できるでしょう。ムダな残業をなくす効果があります。

業務の効率化を図る

各業務の担当者の協力を得ながら、現状の業務フローを見直してみましょう。気付いたムダを省けば、これまでかかっていた業務時間を短縮できます。変更やシステム導入などにいくらかのコストがかかっても、長い目で見た費用対効果は決して小さくないはずです。

業務量の割り振りを調整する

現状で誰がどれだけの業務を担っているかを確認してみてください。通常、優秀な人や慣れた熟練人材に負担が偏っていることが多いようです。貴重な戦力人材に健康的に働き続けてもらうためにも負担の偏りや属人的業務はできる限り取り除きましょう。

アウトソーシングの活用

コア業務以外の業務で、従業員の手間がかかっている作業があればアウトソーシングするのも一手です。こちらもコストはかかりますが、残業削減効果はもちろん、業務効率や質、従業員の働きやすさの提供などあらゆる副次効果にもつながるでしょう。

おわりに:深夜労働の賃金割増は義務!効果のある削減対策を!

企業には深夜勤務や深夜残業に対し、25%以上の割増賃金を上乗せして支払う義務があります。日中勤務が通常の仕事であれば、「支払えば解決」ではなく、「解消すべき問題」と考えていくべき時代です。

ご紹介した取り組みなどを参考にしながら削減に努めつつも、深夜残業が発生した場合は申請漏れ・支払い漏れがないように上手に勤怠管理システムなどを使って管理するのもおすすめです。

勤怠管理システムの「MINAGINE就業管理」は、深夜残業の申請をシステムを通して提出→上司にメールで通知・承認ができます。手書きやExcelでの管理で起こりやすいチェック漏れや時間計算のミスを防止でき、面倒な集計作業も減らせるでしょう。本システムは、給与計算ソフトと勤怠情報との連携も可能です。深夜残業の申請システムについて詳しくは以下のページをご参照ください。

\ たった1分で「MINAGINE就業管理」の機能・料金がわかる / まずは無料で資料ダウンロードする

(※1)参考:パンフレット | 東京労働局
しっかりマスター 割増賃金編PDFより

(※2)参考:厚生労働省:労働政策審議会労働条件分科会 第64回資料

(※3)参考:労働基準法のあらまし(最低年齢、深夜業の禁止、年少者・妊産婦等の就業制限 ほか) | 茨城労働局