※本セミナーは社労士限定セミナーです。

「どうやったら従業員に自社の就業規則を理解してもらい、順守してもらえるのか」
と課題を感じている顧問先を持つ社労士先生は多いのではないでしょうか。

そのような先生に向けてこちらのセミナーがおすすめです!

史上はじめてグッドデザイン賞を受賞した就業規則「100年就業規則」。
東洋哲学をベースとしたその就業規則は世界にインパクトを与えると言います。その作り方の超入門編として本セミナーを開催致します。

セミナー概要

セミナー名 「この会社に入って良かった」と社員が口にする、「東洋哲学型 就業規則」の作り方入門セミナー
対象 社労士
日時 12月17日(木)18:30~20:00
参加費 6,000円(プレミアム会員は無料)
※プレミアム会員についてはこちら
受講方法 【オンライン】Zoomを使用して開催致します。
お申込み後に詳細なご案内をメールにてお送りさせて頂きます。
お問い合わせ sales@minagine.co.jp

セミナー登壇者

労務管理事務所フォージョウハーフ 代表
日比野 大輔

特定社会保険労務士。100年企業研究会主宰。陽明学研究家。
これまで200社以上の企業へ人事・労務関連の指導を行う。本来、労使紛争、リストラが必要な企業への指導に携わるうち、東洋哲学のエッセンスと取りれた「人の良心」が発揮されていく経営に、企業の再生と永続繁栄への秘訣を見出す。全国の100年を超える長寿企業の秘密を見える化した就業規則、「100年就業規則」は2019年グッドデザイン賞を受賞し、審査員から世界にインパクト与えるデザインと称される。

司会

株式会社ミナジン ミナジンラボ推進部 マネージャー
小櫻 頼信

関西学院大学経済学部卒業。三井住友信託銀行株式会社に入社し、富裕層の資産運用・相続を中心に担当。遺言信託や節税など、顧客ニーズのヒアリングが重要な業務を得意とする。その後、ITベンチャーへ転職し法人に対してのIT商材の営業と管理部IPO準備室の立ち上げを経験。管理部IPO準備室においては金融機関等、各プレーヤーとの折衝や人材採用・就業規則の整備や勤怠管理システム導入等、人事労務分野を担当。そこで中小企業での人事労務分野に課題を感じ、株式会社ミナジンへ入社。社労士のコミュニティであるミナジンラボの立ち上げと活性化に日々奮闘中。