※このセミナーは社労士限定セミナーです。

社労士にとってコミュニケーション能力はビジネスを拡大・継続させるための必要不可欠な要素の1つです。
『顧問先のお困りごとを聞く際』や『新規顧問先での営業活動』においてコミュニケーションスキルは重要な役割を果たします。

今回はそんなコミュニケーションスキルについて、財務省、トヨタ自動車、パナソニック、など
名だたる企業・官公庁で講演・研修されてきたビジネス心理コンサルティング株式会社の代表取締役の林氏より90分で伝授頂くセミナーを開催致します!

顧問先と話す機会は多いがコミュニケーション自体苦手だ・・・

という悩みを抱えている社労士先生にオススメの内容となっております。
受講した後からすぐに使えるコミュニケーション術をお伝えしますので、早速ビジネスやプライベートで生かしてみませんか?

セミナー概要

セミナー名 相手の心を開き、協力者を生み出すコミュニケーションスキル
~社労士のビジネスとプライベートに活かせる対話術~
対象 ・顧問先数を増やしたい社労士先生
・コミュニケーションが苦手だと感じている社労士先生
内容 新規の営業先や顧問先様に心を開いてもらい、自身の成果につなげていく心理学を駆使したコミュニケーション方法を学べます。
日時 2020年8月27日(木)18:30~20:00
参加費 5,000円
※ミナジンラボ有料会員の方は無料で参加できます。
定員 50名
受講方法 【オンライン】Zoomを使用して開催致します。
お申込み後に詳細なご案内をメールにてお送りさせて頂きます。
注意事項 8月19日(水)時点のお申込者数が10名未満の場合は開催中止とさせて頂きます。
その際、お申込者様には事前にご連絡をさせて頂きます。
お問い合わせ sales@minagine.co.jp

セミナープログラム

18:30 – 20:00 1.コミュニケーションスキルが職業人生を左右する
2.話す能力よりも、聴く(訊く)能力が人を惹きつける
3.心を開かなければコミュニケーションは機能しない
4.ついやってしまう「相手の心を閉ざす12の対応」
5.相手の心を開く「ドア・オープナー」
6.相手の話を引き出す「アクティブリスニング」
7.テクニックでは人は動かず
8.コミュニケーションスキルとは、人を幸せにする能力である

セミナー登壇者

ビジネス心理コンサルティング株式会社 代表取締役
日本ビジネス心理学会参与
林 恭弘

1964年、兵庫県生まれ。

【活動分野】
階層別研修(経営管理者研修・新任管理職研修・メンター研修・中堅社員向けモチベーション向上・コーチング研修・女性活躍推進研修・組織活性化研修・コミュニケーション研修、メンタルヘルス研修(ストレスチェック実施からメンタルヘルス教育全般)

【講演・研修実績】
NTTグループ、パナソニック、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ技研工業、マツダ、デンソー、CSK、キヤノン、シャープ、オービック、大阪ガス、関西電力、中国電力、九州電力、日本郵便、NHK、船井総合研究所、りそな総研、SMBCコンサルティング、七田チャイルドアカデミー、学研、パソナ、ニッカウヰスキー、シャルレ、JAIFA、ほけんの窓口グループ、メットライフ生命、東京海上日動あんしん生命保険、プルデンシャル生命保険会社、アメリカンファミリー生命保険会社、マニュライフ生命、ソニー生命保険、日本生命、住友生命、阪急阪神百貨店、京阪百貨店、ジョンソン&ジョンソン、花王、日本メナード、ポーラ化粧品、モルトベーネ、千趣会、西日本シティ銀行、東京都民銀行、愛知銀行、京都銀行、青森銀行、近畿大阪銀行、 パナソニック労働組合半導体支部、全トヨタ労働組合連合会、大阪ガス労働組合、オムロン労働組合、関西百貨店労働組合、コニカミノルタ労働組合、日本青年会議所、大阪青年会議所、愛知青年会議所、日本テニス事業協会、雇用能力開発研究所、関西経営管理協会、他多数

【官公庁】
人事院、財務省、金融庁、法務省、総務省、最高裁判所、高等検察庁、近畿経済産業局、近畿農政局、オーストラリア大使館、他

【学校関連】 
兵庫県教育委員会、京都府私立幼稚園連盟、他幼稚園、小学校、中学校多数

【医療関係】
日本医療マネジメント学会、日本予防医療学会、高槻病院、広島栄養士会、広島精神病院協会、広島県青年薬剤師会、他

【出版】
『プロの聞く技術が身につく本(PHP)』『モチベーション(総合法令出版)』『クレーマー時代のへこまない技術(阪急コミュニケーションズ)』『どうしたら人生は楽しくなりますか~14歳からのメンタルヘルス(総合法令出版)』『コミック しあわせ夫婦になる心が近づく妻のひと言(総合法令出版)』『図解&書きこみ式「落ち込みグセ」をなおす方法(総合法令出版)』など19冊