ウィズコロナ〜テレワーク時代の労務管理とは?~クラウドソフトとAI活用のススメ

コロナウイルス感染症予防対策の一環として、テレワーク推進が求められています。
急場しのぎとしてのテレワーク対応の今後は常態化する流れが予測され、各社体制をご検討中のことと思います。

2020年6月に本内容について、今後想定される労務管理トレンドと
その対処方法についてwebセミナーを開催したところ、ご参加者様に非常に好評で、
「具体的な事例など実践的な内容を教えて欲しい!」とのお声を多くいただきました。

そこで、今回のセミナーでは、テレワークにおける労務管理について、
より実践的な内容を具体的な事例をもとにご紹介致します!

下記課題感をお持ちの人事・総務担当者におすすめの内容となっております。是非お気軽にご参加下さい。

・テレワーク時の勤怠管理に課題を感じておられる方
・テレワーク時の労務管理・メンタルヘルス対策に課題を感じておられる方
・勘と経験ではなく、定量的なデータをもとにした労務管理・メンタルヘルスケアにシフトしていきたいとお考えの方

セミナー概要

セミナー名 【実践編】テレワーク時代の労務管理とは?~クラウドソフトとAI活用のススメ~
日時 8月28日(金)15:00~16:30
参加 無料
定員 50名
対象 管理部門ご担当者様・勤怠システム導入をご検討の方
形式 【オンライン】Zoomを使用して開催致します。
お申込み後に詳細なご案内をメールにてお送りさせて頂きます。
注意事項 競合他社様のご参加はお断りさせて頂く場合がございます。
お問合せ sales@minagine.co.jp

講演概要

第1部 「テレワーク時の勤怠管理 ~導入企業から聞いたお悩みと具体的な解決方法~」

株式会社ミナジン クライアントパートナー部 部長/野口 敦至

第2部 「テレワークにおける勤怠データの有効活用(AI分析)~顔が見えない従業員の労務管理・メンタルヘルスケア~」

HuRAid株式会社 データコンサルティング部 マネージャー/青山 裕 氏

第3部 特別対談「AI活用の運用事例ご紹介~実際にミナジン社で運用事例ご紹介~」

HuRAid株式会社/青山 氏・株式会社ミナジン/野崎友邦

登壇者プロフィール

HuRAid株式会社 データコンサルティング部 マネージャー
青山裕 氏

大学卒業後、エリアマーケティングツール開発ベンダーを経て、2013年株式会社コロプラ入社。携帯電話の位置情報を活用したデータ分析の新規事業立ち上げに携わり、官公庁へ観光客の行動を見える化する分析レポートの提供を通じて地域振興支援に従事。2017年5月にHuRAid株式会社に入社。AIやデータ分析のテクノロジーを活用して、従業員の離職防止、採用の効率化、配属の最適化などの人事・労務領域におけるの業務改善の支援を行っている。
株式会社ミナジン クライアントパートナー部 部長
野口敦至

同志社大学経済学部卒業。日本板硝子株式会社に入社し、約15年間、代理店管理の部署にて、東京、名古屋、長野の大型代理店を中心に担当。自社製品の販路、販売数量を拡大し、代理店の経営環境を好転させた。2008年、株式会社エイブルワーク(現:株式会社ミナジン)に入社。人材サービス事業部営業担当を経て、事業部長就任。クライアント企業の人員最適化と自社の収益化を両立させるサービスを推進した。2014年経営戦略本部長、2018年クライアントパートナー部部長に就任。多種多様な企業内部を見て来た経験を活かし、クライアント企業に最適なサービスを提案している。

株式会社ミナジン 取締役COO
野崎友邦

大学卒業後、株式会社京都銀行に入行し、約10年間、法人融資営業、新規顧客開拓を中心にを行う。その後、株式会社ミナジン入社。人材サービス営業部マネージャー、営業部部長、管理部部長などを歴任した後、取締役就任。現在は経営戦略部長を兼任し、HRクラウドシステム部門、顧問サービス部門の事業部統括を行い、システムと人事のプロとを組み合わせたサービスの構築、事業提携などを推進している。