顧客へのメルマガ、本当に読まれていますか? 共感で距離を縮め、読んでもらえる「WEB文章講座」

※本セミナーは社労士限定です。

「お客様との関係を深めるきっかけになる文章が書きたい」
「文章(メールやHPなど)を改善したいが、どう改善したらいいかわからない」
「読んでもらえる、インパクトのある文章が書きたい」

という社労士先生を対象に、メールやメルマガなどWEB上での文章を改善し、読んでもらえる、仕事へのきっかけを作る文章改善セミナーを開催致します。

★講義(オンライン開催)のポイント
・講義とワークショップ方式で運営します。
・ワークショップを通じて自分の文章を客観視し、他者がどう感じるかを体感します。
・発表・意見交換をしてもらうことで、参加者の交流を実現します。
・「情報交換する」「切磋琢磨する」といった、ミナジンラボの目指す世界観を体現します。

セミナー概要

セミナー名 顧客へのメルマガ、本当に読まれていますか? 共感で距離を縮め、読んでもらえる「WEB文章講座」
対象 社労士
定員 15名
※お申込みは先着順とさせていただきます。なお、定員に達した場合には、お断りさせていただく場合もございます。
日時 7月2日(金)16:00~18:00
参加費 3,500円(税込み)
※ゴールド/プレミアム会員様は無料にてご参加可能です。
※シルバー/コワーキングスペース会員様は50%OFFにてご参加可能です。
受講方法 【オンライン】Zoomを使用して開催致します。
お申込み後に詳細なご案内をメールにてお送りさせて頂きます。
お問い合わせ minaginelab@minagine.co.jp

セミナーカリキュラム

16:00~16:05 株式会社ミナジンよりご挨拶
16:05~16:20 講師、参加者相互による自己紹介
16:20~16:50 講義『まずは伝わる文章。そこから、読みたくなる文章へ』
16:50~18:00 ワークショップ

セミナー登壇者

シナリオ講師/フリーランス・ライター
岡田 千重

大阪にて編集会社勤務の後、東京にてフリーランスのライターとして活動を開始。広告物の企画・ライティング、クリエイターのインタビューに多数携わる。現在は「シナリオ・センター」「日本芸術専門学校」「タイタンの学校」などの、シナリオ学校の講師を務めながら、公募ガイド通信講座「文章表現力講座」「エッセイ講座」の講師他、ライターとしても小説家や脚本家にインタビューを行っている。書籍『いきなり効果があがるPR動画の作り方』(共著)執筆。

司会

株式会社ミナジン MINAGINE Lab 事業責任者
木ノ下 祐一朗

大学卒業後、大手コンサルタント会社入社。人材開発・組織開発の企画営業、営業責任者を経験。その後、ベンチャー企業での人材採用支援コンサルティング業務を経て、外資系ヘッドハンティングの東京オフィス責任者としてCxO人材採用を支援。株式会社ミナジンに入社後は、ミナジンLabの事業責任者に就任し、社労士コミュニティ形成とエコシステム構築に向けて事業推進中。