東京証券取引所における市場区分の見直しによるマザーズ市場の審査上の取扱い変更点についてご紹介するとともに、上場準備に備えておきたい労務管理と予実管理について解説致します。

労務管理については、知らないうちに法律違反となっているかもしれない落とし穴と対応策、
予実管理については、オンライン環境下でも実現実績と予算の差異分析から改善活動を実行する方法についてお伝えいたします。​

登壇者には野村證券株式会社 公開引受部次長の伊藤氏と株式会社セールスフォース・ドットコムより営業部長の越川氏をお招きした豪華メンバーにて開催致します。
皆様奮ってご参加下さいませ。

セミナー概要

セミナー名 市場区分の見直しの概要とIPO準備で抑えておきたい労務管理と予実管理
対象 IPOを視野に入れている経営層、営業部門の責任者、総務・人事・労務部門責任者の方、管理職の方
日時 11月26日(木) 15:00-16:30
参加費 無料
受講方法 【オンライン】Zoomを使用して開催致します。
お申込み後に詳細なご案内をメールにてお送りさせて頂きます。
お問い合わせ jpkansaievents@salesforce.com

セミナータイムテーブル

第1部 市場区分の見直しに関する概説
~これによりマザーズ市場の審査上の取扱いは何が変わるのか?~

野村證券株式会社 公開引受部 次長/伊藤 貴淑 氏
第2部 IPOにおける労務管理のポイントとは?
~あなたの会社も知らないうちに法律違反となっているかも…~

株式会社ミナジン クライアントパートナー部 部長/野口 敦至
第3部 企業経営に不可欠な予算統制
〜オンライン環境下でも実現 実績と予算の差異分析から改善活動を〜

株式会社セールスフォース・ドットコム
関西支社 エンタープライズ 第3営業部 部長/越川 俊平 氏
第4部 質疑応答

セミナー登壇者

野村證券株式会社 公開引受部 次長
伊藤 貴淑

1995年中央大学を卒業し、同年野村證券㈱入社。支店勤務を経て、2000年に引受審査部、2008年にデット・キャピタル・マーケット部、2017年より現職。引受審査部在籍中には多数のIPO審査業務に従事し、現職の公開引受部では、大阪引受二課のチームヘッドとして、関西及び中四国地方のIPO案件の開拓並びにIPO関連のアドバイザリー業務に従事している。

株式会社ミナジン クライアントパートナー部 部長
野口 敦至

同志社大学経済学部卒業。日本板硝子株式会社に入社し、約15年間、代理店管理の部署にて、東京、名古屋、長野の大型代理店を中心に担当。自社製品の販路、販売数量を拡大し、代理店の経営環境を好転させた。2008年、株式会社エイブルワーク(現:株式会社ミナジン)に入社。人材サービス事業部営業担当を経て、事業部長就任。クライアント企業の人員最適化と自社の収益化を両立させるサービスを推進した。2014年経営戦略本部長、2018年クライアントパートナー部部長に就任。多種多様な企業内部を見て来た経験を活かし、クライアント企業に最適なサービスを提案している。

株式会社セールスフォース・ドットコム
関西支社 エンタープライズ 第3営業部 部長
越川 俊平

兵庫県出身/38歳。
2005年 神戸市外国語大学 卒業
2005年 専門誌を扱う出版社で広告営業を担当
2010年 セールスフォース・ドットコム入社 インサイドセールス部門に配属
2014年 東京本社 営業部に異動
2015年 関西支社 営業部に異動(中小/中堅〜大手企業担当)
2017年11月 現職

司会進行

株式会社セールスフォース・ドットコム
東京本社 スタートアップ戦略部 コミュニティスペシャリスト
土屋 匡史

埼玉県出身/28歳
2016年 明治学院大学 卒業
2016年 セールスフォース・ドットコム新卒入社 有償研修トレーニング部門に配属
2019年 現職