【元労働基準監督官が解説】これからの時代に求められる労働時間の適正な把握とは

※社労士を対象としたコンテンツで構成しておりますが、企業ユーザー様もご参加可能となっております。

「労働時間の把握方法について学びたい」
「行政による労働時間関係の指導例について知りたい」

という社労士先生に向けて、企業と労働者を守るための労働時間や適切な勤怠管理を行うポイントを解説!
未払い残業代の発生や長時間労働が横行し続けている背景やそのリスクにも触れていきます。

株式会社KiteRaの社会保険労務士上田氏より元労働基準監督官の観点から説明していただきます。
企業を守るための労働時間の把握方法について学びたい社労士の方にオススメとなっておりますので是非ご参加ください。

セミナー概要

セミナー名【元労働基準監督官が解説】これからの時代に求められる労働時間の適正な把握とは
対象社労士・経営層、人事責任者、担当者様
日時9月29日(水)14:00~15:15
参加費無料
受講方法【オンライン】Zoomを使用して開催致します。
お申込み後に詳細なご案内をメールにてお送りさせて頂きます。
お問い合わせminaginelab@minagine.co.jp

カリキュラム

 

 

14:00~14:15第一部
行政から見た労働時間の把握と注意点


株式会社KiteRa/社会保険労務士(元労働基準監督官)/上田 真準 氏
14:15~14:30第二部
勤怠システム導入時に見た!~問題企業に共通する課題


株式会社ミナジン MINAGINE Lab 事業責任者/木ノ下 祐一朗
14:30~14:45第三部
就業規則のクラウド化ツール「KiteRa」のご紹介


株式会社KiteRa/三反田 氏
14:45~15:15第四部
行政視点から見たシステムの利点や活用方法についてのディスカッション


株式会社KiteRa 社会保険労務士(元労働基準監督官)/上田 真準 氏
株式会社ミナジン代表取締役社長/佐藤 栄哲
株式会社ミナジン MINAGINE Lab 事業責任者/木ノ下 祐一朗

           

セミナー登壇者

株式会社KiteRa
社会保険労務士(元労働基準監督官)
上田 真準

昭和62年生まれ。平成27年、厚生労働省入省。平成27年、労働基準監督官として東京労働局に赴任。令和元年、北海道労働局に赴任。令和3年、株式会社KiteRa入社。
労働基準監督官として延べ400社以上の事業場を指導。事業場への臨検を実施し、労基法安衛法等の順守状況を調査、指導を行い、重大悪質な法違反に対しては刑事事件訴訟法に基づく捜査、司法警察事務を実施。その他、労災補償業務も経験。

株式会社ミナジン 代表取締役社長
佐藤 栄哲

1970年大阪府枚方市生まれ 神戸大学経営学部(金井壽宏ゼミ)在学中に現ミナジンの礎を創業。 1993年大学卒業後、丸紅株式会社に入社。新規事業・市場開発を担当。事業拡大の功績を認められ29歳でワイン製造販売会社の取締役起業責任者としてアルゼンチンに赴任。デフォルトの危機的状況下にて、会社設立3期目で業界トップシェアを獲得。 本社への帰任辞令を期に同社退職、再度当社経営に参画。 翌年代表取締役社長就任、現在に至る。

株式会社ミナジン MINAGINE Lab 事業責任者
木ノ下 祐一朗

大学卒業後、大手コンサルタント会社入社。人材開発・組織開発の企画営業、営業責任者を経験。その後、ベンチャー企業での人材採用支援コンサルティング業務を経て、外資系ヘッドハンティングの東京オフィス責任者としてCxO人材採用を支援。株式会社ミナジンに入社後は、ミナジンLabの事業責任者に就任し、社労士コミュニティ形成とエコシステム構築に向けて事業推進中。