お客様の声 一 覧 へ

国内外の製薬企業からMR業務を受託・代行し、広範囲な医薬品の情報提供を支援されているIML様。高い専門知識を持った人材を教育・育成し、「人」と「医薬・医療現場」、「人」と「人」とをつないでおられます。伊藤忠グループ企業として、人々の"健康"と"安心"に貢献し続ける為、更なるコンプライアンス徹底を目指し、『MINAGINE就業管理』をご導入いただきました。

200万ダウンロードを突破した日本初のCtoCフリマアプリ『Fril(フリル)』の企画・開発・運営をされているFablic様。スマートフォン×コマース分野で急速に事業を拡大される中、 コンプライアンスの徹底や、会社の成長に対応できる勤怠管理システムとしてMINAGINE就業管理をご導入いただきました。

社長ブログ 一 覧 へ

『若者よ、アジアのウミガメになれ』加藤順彦 著 を読んで

 2016年11月25日

  若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録 作者:加藤順彦 出版社/ ゴマブックス 発売日: 2016/12/1 メディア: 単行本(ソフトカバー)     何を隠そう、私自身が本著の著者加藤さんに「かき集められた」学生の一人であり、著書に出てくるリョーマなる学生企業(カルト集団?笑)の学生スタッフでした。つまり、本著に書かれている「異常な環境」に引きずり込んで頂き、…

電通にみる! 過重労働をめぐる問題の根本的な対策とは?

 2016年11月01日

  新聞やテレビなどで連日報道されている、電通で起こった「過重労働が原因の過労自殺」問題。2015年の12月、電通の社員寮から投身自殺した女性社員(24歳)について、2016年の9月に三田労働基準監督署が労災(※)を認定しました。   ※労災とは……労働災害認定の略 業務に関わること、または通勤が原因となって労働者に負傷・疾病・障害・死亡が生じた場合、事業主側に補償の義務が発生…

人事お役だち情報 一 覧 へ

厚生年金保険の加入時にも住民票コードの特定が必要に(平成28年9月より)

 2016年07月21日

厚生年金保険に加入する際の「被保険者資格取得届」に基礎年金番号を記入している従業員に対しても、住民票コードを特定し、本人確認を行うことになりました。基礎年金番号と住民票コードの「結び付け」を一層促進するための取り組みとのこと。         厚生年金保険の資格取得時の本人確認事務が変更となります。 | 日本年金機構

源泉徴収のあらまし(平成28年版)が公開されました

 2015年11月18日

国税庁のWebページにて、平成28年度版の源泉徴収のあらましについての資料が公開されました。 平成28年版 源泉徴収のあらまし http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2015/index.htm     平成28年版 源泉徴収のあらまし(pdf)をまとめてダウンロードする方法 上記の源泉徴収の…

マイナンバー制度と情報漏えいのリスク

 2015年11月17日

  マイナンバー制度とは マイナンバー制度とは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付与して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人物の情報であることを確認するために活用されるものです。   マイナンバーは12ケタの番号で、2015年10月よりマイナンバーの配布が始まり、2016年1月1日に施行されます。先進国ではほとんど…

事業主による「マイナンバー本人確認の方法」が厚生労働省から公表されました

 2015年11月16日

10月よりマイナンバー通知カードの発送が始まっていますが、このたび、事業主による本人確認について厚生労働省が資料を公開しました。概要は以下になります。   個人番号を収集した上で、提出が必要になる書類(平成28年1月1日以降) ①雇用保険被保険者資格取得届 ②雇用保険被保険者資格喪失届 ③高年齢雇用継続給付受給資格確認票・(初回)高年齢雇用継続給付支給申請書※ ④育児休業給付受給資格確認…