人事制度構築の進め方
 

方針の浸透と人材育成

MINAGINEでは、人事制度は会社の業績向上と社員の成長を支援するためのツールだと考えています。そのため、等級・評価・報酬制度を策定する際には、「方針浸透」「人材育成」の機能を持たせることを重要視しています。
 
人事制度を方針浸透や人材育成を促すツールにしていくために、「採用」「労務」「人材育成」「組織風土」「人事制度」との全体整合性に配慮しながら構築していきます。下記な人事制度構築プロジェクとの一例です。
 
 

1. 課題・ありたい姿の整理

課題・ありたい姿の整理
現行制度や人員構成、人件費分析から課題を抽出し、関係者へのヒアリングを通してありたい姿を整理します。

 

2. 全体構想

課題・ありたい姿の整理
1を踏まえて、等級・報酬・評価の全体構想を弊社から提案させていただきます。その後、ディスカッションを通じて、内容修正します。

 

3. 詳細設計

課題・ありたい姿の整理
2の全体構想に基づき、等級、報酬、評価の具体案について、弊社から提案させていただきます。その後、ディスカッションを通じて、内容修正します(テーマによっては詳細のシュミレーションも実施)。

 

4. 最終化・浸透策の検討

課題・ありたい姿の整理
詳細設計した各制度を統合し、全体整合性を検証した上で社員説明資料として整備します。制度を浸透させるための方策について検討もいたします。