人事制度構築の進め方
 

方針の浸透と人材育成

MINAGINEでは、人事制度は会社の業績向上と社員の成長を支援するためのツールだと考えています。そのため、等級・評価・報酬制度を策定する際には、「方針浸透」「人材育成」の機能を持たせることを重要視しています。
 
人事制度を方針浸透や人材育成を促すツールにしていくために、「採用」「労務」「人材育成」「組織風土」「人事制度」との全体整合性に配慮しながら構築していきます。下記な人事制度構築プロジェクとの一例です。
 
 

1. 課題・ありたい姿の整理

課題・ありたい姿の整理
現行制度や人員構成、人件費分析から課題を抽出し、関係者へのヒアリングを通してありたい姿を整理します。

 

2. 全体構想

課題・ありたい姿の整理
1を踏まえて、等級・報酬・評価の全体構想を弊社から提案させていただきます。その後、ディスカッションを通じて、内容修正します。

 

3. 詳細設計

課題・ありたい姿の整理
2の全体構想に基づき、等級、報酬、評価の具体案について、弊社から提案させていただきます。その後、ディスカッションを通じて、内容修正します(テーマによっては詳細のシュミレーションも実施)。

 

4. 最終化・浸透策の検討

課題・ありたい姿の整理
詳細設計した各制度を統合し、全体整合性を検証した上で社員説明資料として整備します。制度を浸透させるための方策について検討もいたします。

 

関連するブログ記事を読む

『若者よ、アジアのウミガメになれ』加藤順彦 著 を読んで

  若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録 作者:加藤順彦 出版社/ ゴマブックス 発売日: 2016/12/1 メディア: 単行本(ソフトカバー)     何を隠そう、私自身が本著の著者加藤さんに「かき集められた」学生の一人であり、著書に出てくるリョーマなる学生企業(カルト集団?笑)の学生スタッフでした。つまり、本著に書かれている「異常な環境」に引きずり込んで頂き、…

電通にみる! 過重労働をめぐる問題の根本的な対策とは?

  新聞やテレビなどで連日報道されている、電通で起こった「過重労働が原因の過労自殺」問題。2015年の12月、電通の社員寮から投身自殺した女性社員(24歳)について、2016年の9月に三田労働基準監督署が労災(※)を認定しました。   ※労災とは……労働災害認定の略 業務に関わること、または通勤が原因となって労働者に負傷・疾病・障害・死亡が生じた場合、事業主側に補償の義務が発生…

中小企業の離職率が高い理由は収入が少ない!不満を減らす鍵は賃金規定

従業員の定着率が悪い…。 採用するにも一苦労、仕事をやっと覚えてくれたところなのに…。 では従業員が会社を辞める時、どういった理由があるのでしょうか。 ※ 引用元サイト:中小企業庁   中小企業の離職理由の第一位は「収入が少ない」 中小企業の経営者であれば、離職率の高さに悩んだことが一度はあると思います。そんな中小企業の離職理由の第一位は「収入が少ない」というのが挙げられます。この収入が…

関連記事の一覧を見る