賃金の払い方は大きくわけて3つあります。   基本給: 短期的な金銭的報酬 ボーナス・賞与: 中期的な金銭的報酬 退職金・ストックオプション: 長期的な金銭的報酬   3つの金銭的報酬の配分について ではこの3つの金銭的報酬をどのような配分で事業を組み立てるのが望ましいのか。 実はそれに対しての答えはありません。なぜならその会社のやっているビジネスの形態や商品・サ…

上場企業や上場準備に入っている会社に36協定が必要な理由   近年、某大手飲食チェーン店様などの労務管理体制が整っていないことによって問題が起こっています。上場する際には、上場後はこういった業績を目標にしますという業績見込みを提出し、その業績見込みの期待によって株価が決まるものです。   しかし労務管理体制が整っていなかったばかりに、商品のサービスや品質に関わらず、不祥事が理由…

  人事屋の仕事をしていますと、多くの経営者・人事担当者の皆さまより、「うちの給料は高いですか、安いですか?」と聞かれる事がよくあります。しかし、当然ながら、金銭的報酬の適切な水準と言うのは各社各様で、何とも言えないというのが答えです。業種や職種、ビジネスモデルなどによって払える給料の金額は異なります。   そこで、本日は金銭的報酬を決定するのに考慮するべき基準項目についてお話…

  一般的に「報酬」と言えば、お給料のみを考えがちですが、私たちはそれだけではないと考えています。成果から得られる報酬には、次の2つがあります。     1. 金銭的報酬 月給・賞与・退職金など、いわゆるお金で支給される報酬です。 全ての人が共通の測定基準を持ち10万円よりも20万円が高く、また、全ての人が高い方が良いと思っている、万人共通の報酬です。全ての人が共通の…

  勤怠管理システムは、効率よく勤怠管理を行うためのシステムです。 5人や10人の会社では勤怠管理システムを導入しなくても仕事は回りますが、20人、30人、50人、100人と、従業員が増えてくるとしっかりとした勤怠管理システムを入れる会社が増えてきます。今回は、なぜ従業員数が増えてくると勤怠管理システムを入れる必要があるのかをお伝えします。   1、従業員をしっかりとマネジメン…

中小企業の皆様は、勤怠管理をどこまでされているでしょうか? 勤怠管理とは、会社で働く従業員の労働時間や休暇などを管理することです。遅刻、早退、欠勤、出勤、残業時間、有給休暇や休日出勤、代休、振替出勤などが勤怠管理になります。   勤怠管理は、何故必要なの?   勤怠管理の必要な理由はいくつかありますが、主な理由は次の3つです。   1、給与支払いの為の時間管理 2、 …