製造業向けの勤怠管理システムおすすめ3選!メリットと必要な機能を解説

製造業には、正社員だけでなくパートや派遣社員など、さまざまな雇用形態の従業員がいることや、朝番・夜番といった勤務パターンが煩雑になりがちな特徴があります。

こうした特徴から、「誰がどの作業に何時間従事したのか把握しづらい」「毎月のシフトの作成や管理が大変」などと、勤怠管理の悩みを抱えている企業も少なくありません。

こうした製造業における勤怠管理の悩みを一気に解決してくれるのが、勤怠管理システムです。

本記事では、勤怠管理システムを利用することで製造業の悩みをどのように解決できるのか、また、製造業におすすめの勤怠管理システムはどのようなものかについて解説いたします。

ぜひ最後までご覧ください。

勤怠管理を楽にしたい人事担当者様へ

労務管理をちゃんとやりたい…。 でもリソース不足で手がまわらないし、確かな知識を持った社員もいない…。 そんなお悩みを抱える人事担当者様には、楽に勤怠管理ができる勤怠管理システムの導入がおすすめです。

MINAGINE就業管理」はコンサルタントが導入・ルール設計から運用まで、"総合的にサポート"します。
【資料内容】打刻の種類、勤務・休暇の申請機能、残業チェッカー、利用イメージ、導入事例、利用料金

勤怠管理システムで製造業の悩みを解決!導入すべき3つの理由

現在、各店舗がExcelやタイムカードなどで従業員の勤怠管理をしている製造業者も少なくないのではないでしょうか?

製造業における勤怠管理でよく挙げられるお悩みと、その解決策が、以下の3つです。

課題 勤怠管理システムでの解決後
1 雇用形態や勤務パターンが多様であるため、管理が複雑 多様な勤務形態の従業員のシフト作成が楽になる
2 タイムカード打刻のために行列ができ、正しい時間を把握できない 打刻待ち行列を解消できる
3 働き方改革法改正に対応しきれていない 働き方改革に即した勤怠管理ができる

本章では、勤怠管理システムを導入することでこれらの悩みをどのように解決することができるのか、ミナジンの勤怠管理システム「MINAGINE就業管理」を例に、解説いたします。

1. 多様な勤務形態の従業員のシフト作成が楽になる

製造業では正社員、派遣、パート等、さまざま雇用形態の従業員が働いており、契約によって管理ルールが異なる場合がほとんどです。また、事務職、営業職など職種によっても管理方法が異なることもあります。

さらに、朝番・夜番などといった勤務時間別に管理を分けている場合もあり、このように多様な勤務形態や個別生の高いルールのため、毎月シフトの作成に頭を抱えている担当者も多いことでしょう。

MINAGINE就業管理では、あらかじめ勤務形態や勤務時間によるルールのパターンを登録しておくことで、自動でシフトを作成することが可能であるため、毎月シフト作成のために費やしていた時間を大幅カットにすることができます。

▼例)勤務時間のパターン設定

  • フルタイムで(9:00~18:00)設定する正社員
  • 時短勤務者で(9:00~15:30)設定する正社員
  • アルバイト・パートで(9:00~17:00)設定する従業員
出典:MINAGINE就業管理

勤怠管理システムの画面では上記のように、「出勤予定の希望登録」から、シフト表の作成まで、一括で行うことができます。

もちろん作成したシフトは勤怠管理システム上へ反映されるので、従業員の稼働管理も、シフトに基づいて行うことが可能です。

2. 打刻待ち行列を解消できる

人数が多い製造業の現場では大人数が同じ時間帯に出退勤の打刻するため、打刻のための行列「打刻待ち行列」が頻繁に発生します。

特にタイムカードを利用している場合、保険証や免許証など、普段持ち歩いているカードの中から自分のタイムカードを探して、毎回、打刻機に入れる必要があります。そのためカードを探し当てたり、そもそも機械にかざすという作業自体にどうしても時間がかかってしまい、終業時刻間際にナルト打刻待ち行列が起こってしまいがちです。

MINAGINE就業管理には、交通系ICカードや社員証を用いた打刻機能があります。

出典:MINAGINE就業管理

従業員個人で携帯しているICカードや社員証を打刻機にかざすだけなので、タイムカードを紛失したり、他人のカードを誤って打刻してしまう、といったこともなくなります。

また、代理での打刻ができなくなるため、遅刻者のタイムカードを代わりに定時で打刻する、などといった不正も発生することはありません。

MINAGINE就業管理には、ICカードや社員証を用いた打刻のほか、

  • Webブラウザ打刻:PCでWebブラウザから打刻を行う方法
  • PCのログオン/ログオフ打刻:PCを起動/シャットダウンのタイミングから自動で勤務時間を登録できる機能
  • Slack打刻:ビジネスチャットツールのSlackにて、コマンドを入力するだけで勤怠打刻ができる機能
  • GPS打刻:スマホやタブレットなどの端末を用いて、場所を問わず打刻できる機能

といった、さまざまな打刻インターフェースが揃っています。

例えば生産現場や研究室配属なと、自宅と本社以外のオフィス間の直行・直帰がメインの従業員の勤怠管理も、遠隔という理由で怠ることなく正確に集計することができます。

関連記事

ビジネスチャットツールSlackを用いた打刻方法については、別記事「3分でわかるSlack打刻!テレワークにもおすすめできる3つの理由」でも詳しく解説しています。ぜひあわせてお読みください。

3. 働き方改革に即した勤怠管理ができる

2018年に働き方改革法案が可決されたことにより、2019年より改正法が順次施行されています。

以下は改正後のルールの一部です。

  • 時間外労働の上限規制
  • 年5日有休義務化
  • 年次有給休暇の時季指定

これまで法的な拘束力がなかった規制も、改正以降は違反した事業者に罰金もしくは懲役が課される場合もあるため、企業により正確な勤怠管理が求められます。

こうした働き方改革関連法に則った勤怠管理も、システムを導入することで楽に行えるようになります。

特に従業員管理(勤怠管理)についてはワークライフバランスという経営課題にも直結するため非常に重要です。

単純に「勤怠」管理ではなく、広く「健康」管理という意味合いで、自社の従業員の労働状況をシステムによって可視化させ、問題発生の前に状況確認ができる企業体制は欠かせません。

MINAGINE就業管理では、有給・振休をチェックする機能や、社員別での有給の付与状況、消化日数、残日数、消化率が一覧で確認できることで、従業員のストレス度を測ることが可能です。

▼MINAGINE就業管理のチェッカー機能

出勤状況チェック 社員の出勤・遅刻状況、有給の有無がリアルタイムで確認できます。
労働時間チェック いつの残業時間が多いのか、どんな内容で残業申請されてるのか確認が可能です。
サービス残業時間チェック タイムカード上の残業時間と、申請されている残業時間の差違の取得や、月別、日別、社員別でソートをかけて分析することができます。
遅刻・早退チェック 定時出社した社員、遅刻出社した社員、欠勤の社員などが一覧で表示されます。

出典:MINAGINE終業管理

関連記事

残業時間の法改正やそれに伴うペナルティについては、別記事「残業の法改正の基礎知識|ペナルティの内容と管理見直す方法とは?」でも詳しく解説しています。ぜひあわせてお読みください。

製造業の勤怠管理システムに必要な4つの機能

一口に勤怠管理システムと言っても、その機能はシステムによりさまざまです。

自社の業種や運用に合わないシステムを利用してしまうと、二重管理や情報が散乱して保存されてしまうなど、かえって管理が複雑になってしまう場合があります。

本章では製造業で勤怠管理システムを導入するにあたって、必ず備わっていて欲しい以下4つの機能について、解説いたします。

  • 出勤予定パターン自動作成機能
  • ICカード打刻機能
  • 就業規則のグループ単位設定機能
  • 有給休暇自動付与

どのような機能なのか、それぞれ詳しくみていきましょう。

1. 出勤予定パターン自動作成機能

朝番・夜番など、従業員のシフトを組むことが求められる製造業においては、出勤予定パターン自動作成機能が便利です。

雇用形態や勤務時間など、人によって異なる出勤予定パターンをあらかじめシステムに登録することで、システムが自動でシフトを作成してくれます。

また、従業員の出勤希望日の募集・管理もシステム上で行うことができるため、期日までにメモが集まらなかったり、大量のメモからシフトを作成しなければならないために、出勤不可の日に出勤予定を組んでしまったり、といった事態も起こりません。

シフト作成のために費やす時間をカットするためにも、従業員のシフトを正確に管理するためにも、この機能は必須と言えるでしょう。

2. ICカード打刻機能

ICカードで打刻を行うことで、出退勤時に打刻機に行列ができる「打刻待ち行列」を改善することができます。特に一人一人にPCが支給されにくい現場の勤務時間の管理には、ICカード打刻機能はぜひ備わっていてほしい機能です。

出勤時間に間に合うように出社していても、打刻待ち行列のために遅刻扱いになってしまったり、それを回避するために不要に早く出勤が求められるようでは、従業員にとって気持ちの良い労働環境とは言えません。

また管理側からしても、毎月大量のタイムカードを目視で確認・集計することは膨大な時間と工数を要します。

ICカード打刻により就労時間が直接システムに送信されることで、こうした手間も省け、スムーズに集計を行うことが可能です。

3. 就業規則のグループ単位設定機能

同じ企業内でも、部署ごとに申請ルールなど、就業規則が異なる場合があります。

こうした場合に便利なのが、「就業規則のグループ単位設定機能」です。

「就業規則のグループ単位設定機能」とは、部署ごとに就業規則を設定し、所属する従業員に紐づけて勤怠管理ができる機能です。

以下はこの機能で設定できるルールの一例です。

  • フレックスタイム設定:を採用している部署では◯分以内は遅刻の処理にしない、などの設定
  • 残業申請設定:残業の際に申請が必須の場合、所定の労働時間を超えた場合にアラートが出る設定
  • まるめ設定:勤務時間を1分刻みや15分刻みで管理できる設定

部署や事業所によって異なる就業規則・運用ルールをシステムで登録することができれば、集計時時の勤怠修正を最小限に抑えることが可能になります。

さまざまな就業形態の従業員が働く製造業においては、この「就業規則のグループ単位設定機能」もまた、必要な機能と言えるでしょう。

4. 有給休暇自動付与

2019年より順次改正されている労働基準法により、対象となる従業員へ年に5日間の有休をとらせることが義務となりました。

しかし、有給休暇の管理は、以下の理由などから煩雑になりがちで、手を煩わせている企業も少なくありません。

  • 従業員の入社年月日がそれぞれ異なる為ために、有給休暇が付与される基準日や付与日数が異なる
  • また、アルバイトなど非正規の従業員に対しても一定の条件を満たせば有給休暇を付与する義務が発生しますが、就業状況により付与日数が異なる

そこで利用したいのが有給休暇自動付与機能です。

従業員の入社年月日や勤務形態などを一度設定してしまえば、あとはシステムが有給休暇の付与、繰越、消滅、残数管理を自動で行ってくれます。

「年5日の有休義務化」に違反した場合、企業は懲罰の対象になってしまう場合もあるため、勤務形態が多様な製造業においては、必須の機能と言えるでしょう。

関連記事

新たに改正されたた年次有給休暇の仕組みについては、別記事「有給休暇の基準日がわかる!確実に年5日の有給休暇を取らせる3つの方法」でも詳しく解説しています。ぜひあわせてお読みください。

製造業におすすめの勤怠管理システム3選

最後に前の章での解説を踏まえて、製造業におすすめしたい勤怠管理システムを3つご紹介します。

本章でご紹介する3つのシステムは、

  • 出勤予定パターン自動作成機能
  • ICカード打刻
  • 就業規則のグループ単位設定機能
  • 有給休暇自動付与

の4つを全て網羅したシステムです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

MINAGINE就業管理

出典:MINAGINE就業管理

「MINAGINE就業管理」は、人事労務に長けたメンバーが作成した、コンプライアンスに強い勤怠管理システムです。

2019年の各種労働基準法改正にも対応しており、有給休暇の管理では、アルバイト労働者など所定日数が定まっていない従業員にも、年間の出勤予定日数または勤務実績いずれかを集計して、自動で付与することが可能です。

また、ストレスチェック機能も充実していることから、根本からの健康経営を実現させることができます。

30日の無料トライアル期間が設けられているため、充実の機能をじっくりと試した上で導入を決められることも魅力です。

\ たった1分で「MINAGINE就業管理」の機能・料金がわかる / まずは無料で資料ダウンロードする

ジョブカン

出典:ジョブカン

ジョブカンは10年以上の歴史を持つ、クラウド型勤怠管理システムです。これまで約5万社以上の企業が導入してきた実績があります。

ジョブカンはシフト管理機能が充実しており、出勤希望日の募集〜作成・共有までシステム上で一括で行えることが魅力です。

作成したシフトはメッセージアプリのLINEから、直近7日間後まで確認が可能であるため、アルバイトの多い職場でとても重宝します。

また、日本語以外にも英語・韓国語・タイ語・ベトナム語の切り替えも可能です。

外国人従業員も多い製造業には、ぜひおすすめしたいシステムです。

▼サービス詳細
ジョブカン

jinjer勤怠

出典:jinjer勤怠

jinjerは、採用・人事管理・給与計算など、さまざまな情報を一括管理できる勤怠管理システムです。

  • 申請ワークフロー
  • どこでも打刻
  • 給与計算ソフト連携
  • 出勤予定希望登録
  • 有給休暇自動付与

に対応しているほか、就業規則設定機能も充実しています。

グループ単位ではなく、従業員個別で管理することができるため、さまざまな就業パターンのある企業におすすめです。

▼サービス詳細
jinjer勤怠

もっと多くの勤怠管理システムを比較・検討してみたいご担当者さま向けに、こちらの記事で22種を一気にご覧いただけるようにまとめています。ぜひお役立てください。

まとめ|製造業における勤怠管理の悩みはシステムで一気に解決しよう

本記事では、製造業で勤怠管理システムを導入するべき理由や、必要な機能、製造業におすすめの勤怠管理システムをご紹介しました。

勤怠管理システムを導入することで、多様な勤務形態の従業員の勤怠管理から、ストレスチェックまで、一括で行うことが可能です。

また、2019年より順次労働基準法が改正されていることにより、曖昧な勤怠管理では懲罰の対象になってしまう場合も考えられます。

勤怠管理システムを導入することは、単に勤怠管理にまつわる工数を削減するだけではなく、企業全体の生産性の向上や健康経営の実現にもつながります。

もし、勤怠管理システムをまだ導入していないのであれば、ぜひ無料体験から試してみることをおすすめします。