可能です。
承認者がタイムカードを「承認済」、または「締済」状態にするとロックがかかり、時間外勤務や休暇の申請はできない状態になります。
申請する場合は、承認者に連絡し、該当の日のタイムカードの「承認」(または「締め」)を解除すると、申請することが可能です。

対応しております。Mac上ではSafariはもちろん、Chrome、FirefoxなどのWebブラウザで勤怠打刻をすることが可能です。

可能です。MINAGINE就業管理は、Google Appsとログイン時に連携することができます。GoogleアカウントのID、パスワードをお持ちでしたら別途勤怠管理システム上で設定する必要はありません。

MINAGINE就業管理は、業務効率化と企業コンプライアンスを同時に実現できる、クラウド型勤怠管理システムです。システム屋のつくった勤怠システムではなく、人事屋のつくった勤怠システムであり、社労士の監修も入っておりますのでコンプライアンス面でも安心してお使いいただけます。また労働基準法や法改正への対応などがスムーズに行えます。「機能」「営業」「導入サポート」「アフターフォロー」の比較については、勤怠管理システムの比較をご覧ください。

「振替休日」は、申請者が「休日出勤」を申請し、その申請が承認された段階ではじめて、「振替休日」として休暇を申請することができます。
「休日出勤(振替出勤)」が承認されていなければ、休暇の申請ができません。そのため、「振替休日」がないのに誤って申請される心配はありません。

フローを確認する →

1 2 3 4